【メディア掲載情報】『M3.com地域版』(エムスリーキャリア株式会社)2018/6/27付

『M3.com地域版』(エムスリーキャリア株式会社)2018/6/27付に、理事・小澤竹俊のインタビュー記事を掲載いただきました。計3回連載の2回目です(閲覧には会員登録が必要です)。 在宅医療の極意。それは「支え」、そして「プラスの連鎖」 -めぐみ在宅クリニック小澤竹俊院⻑に聞く◆Vol.2 (記事より抜粋)第1回では、地域医療での医師としての役割について、お話を伺った。最終的な責任を医師が持つ  ...続きを読む

【メディア掲載情報】『Ridilover Journal』(株式会社Ridilover)2018年6月26日付

『Ridilover Journal』(株式会社Ridilover)2018年6月26日付の記事に、理事・小澤竹俊のコメントを掲載いただきました。 特集 がんの緩和ケア 最期に後悔しない生き方 2章 患者を支える人 「頑張れ」はNG。善意の声がけも時には刃に https://journal.ridilover.jp/issues/122 (閲覧には会員登録が必要です) (掲載イメージ)  ...続きを読む

【メディア掲載情報】『AERA dot.』(株式会社 朝日新聞出版)2018年6月22日付

『AERA dot.』(株式会社 朝日新聞出版)2018年6月22日付に、理事・長尾和宏の取材記事を掲載いただきました。是非ご覧ください。 小林麻央さん命日 最期の場に自宅を選んだ「平穏死」の必要性 (本文より抜粋)2017年6月22日に小林麻央さんが亡くなってから1年が経つ。幼い子どもたちや大切な家族、そして私たちにも多くのメッセージを残して旅立ったことは、いまもなお心に深く刻まれている。日本尊  ...続きを読む

【メディア掲載情報】『M3.com地域版』(エムスリーキャリア株式会社)2018/6/21付

『M3.com地域版』(エムスリーキャリア株式会社)2018/6/21付に、理事・小澤竹俊のインタビュー記事を掲載いただきました。計3回連載の1回目です(閲覧には会員登録が必要です)。 地域医療のリーダーは医師の役割 -めぐみ在宅クリニック小澤竹俊院長に話を聞く◆Vol.1 (記事より抜粋)「地域医療のリーダーは医師の役割の一つ」であるという。なぜか。超高齢少子多死社会へとまっしぐらにつき進む日本  ...続きを読む

【メディア掲載情報】『KOKUTAI FREE No.8』(医学教育出版社)2018夏号

医学生向けフリーペーパー『KOKUTAI FREE No.8』(医学教育出版社)2018夏号に、理事・小澤竹俊の取材記事をご掲載いただきました。電子版で閲覧可能ですので、是非ご覧ください。 KOKUTAI FREE 特集:memento mori メメント・モリ ~死亡診断書の先の世界を知ろう~ エピローグ2  終末期に寄り添う医師~home medical care doctor~ http:/  ...続きを読む

【メディア掲載情報】『マモリア(mamoria)』2018/5/18付

『マモリア(mamoria)』2018/5/18付に、4月14日の当協会設立3周年シンポジウムについてご掲載いただきました。   【イベントレポート】エンドオブライフ・ケア協会設立3周年シンポジウム  https://mamoria.jp/clip/20180518/life-care (掲載イメージ)  ...続きを読む

【メディア掲載情報】『CB News』2018年04月23日付

看取りの4割、2-3カ月前に「予期しなかった」  みずほ情報総研、エンドオブライフ調査 みずほ情報総研「エンドオブライフ・ケアの現状に関する調査研究」(2017年度老人保健健康増進等事業)の実施にあたり、理事・小澤 竹俊も協力させていただきました。CB News(2018年04月23日付)に報告書に関する記事が掲載されています。 https://www.cbnews.jp/news/entry/2  ...続きを読む

【メディア掲載情報】『医療タイムス』2018/4/30・5/7号(2349号)

『医療タイムス』2018/4/30・5/7号(2349号)に、4月14日の当協会設立3周年シンポジウムについて、特集としてご掲載いただきました。 エンドオブライフ・ケア協会設立3周年シンポジウム 超高齢少子多死時代においても 持続可能な社会を目指して (掲載イメージ)  ...続きを読む

【メディア掲載情報】『NEWSポストセブン』(株式会社小学館)2018年5月8日付

『NEWSポストセブン』(株式会社小学館)2018年5月8日付にて、理事・長尾和宏のコラムが掲載されました。 在宅医が教える“介護の場所”「在宅が親孝行とは限らない」 (本文より抜粋)多くの人が望む自宅での療養と最期を支える在宅医として、数多くの看取りを行ってきた長尾クリニック院長の長尾和宏さん。家族が悩む“介護の場所”について、力強いアドバイスをくれた。   (掲載イメージ) &nbs  ...続きを読む

【メディア掲載情報】『JBPRESS』(株式会社JBpress)コラム連載第3弾(5月1日付)

『JBPRESS』にて、理事・長尾和弘のコラム『50代から始める「孤独死」対策:長尾和宏医師に聞く』をシリーズで掲載いただいております。是非、初回からご覧ください。 50代から始める「孤独死」対策:長尾和宏医師に聞く 1. 増える熟年離婚の背景、夫の長生きは想定外だった http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52705?page=4 2. 孤独な60代を襲う、突  ...続きを読む

新着通知