コラム一覧 Columns

コラム48:末期心不全患者へのエンドオブライフ・ケア~援助的コミュニケーションを実践し見えたこと~

某循環器専門病院 外来看護師 松本梢さま (ELC第29回生) 【はじめに】 私は、循環器専門病院で外来看護師として多くの心不全患者へ看護を提供しています。再入院を繰り返す心不全、発症から5年も経てば、ついこの前まで歩いて外来に来ていた患者が次々に亡くなられるという時間を過ごしていました。何かできることはないかと心不全患者の語りに耳を傾け始めた頃、お一人の心不全患者Aさんに出会いました。 【Aさん  ...続きを読む

コラム47:エンドオブライフ・ケアのスタートラインに立って

みずほ情報総研株式会社 社会政策コンサルティング部 チーフコンサルタント  羽田圭子さま (ELC第32回生) 本稿は、主に下記の4つの事項について書かせていただきます。 自己紹介 義父の意思の推定 エンドオブライフ・ケアとの関わり 「エンドオブライフ・ケアの現状に関する調査」の結果概要 *弊社コラムの転載 【参考】エンドオブライフ・ケアの関連調査の紹介   1.自己紹介  私は、みずほ  ...続きを読む

コラム46:すべての人にこの学びを広め仲間を増やしたい

生命保険 外交員 池田静子さま (ELC第44回生) 私は生命保険の外交の仕事をしています。 生命保険は皆さんがご存知のように、万が一の時には残された家族へ思いを届ける死亡保障。 病気になったときに安心して治療が受けられるように医療保障。 介護認定を受けたら介護保険が受け取れ、余命半年と言われたら死亡保障を受け取る事ができ治療に役立てられるリビングニーズや高度障害などがあります。   私  ...続きを読む

コラム45:地域力に働きかける出前の保健室:陽だまり活動

みんなの保健室 陽だまり 代表  服部満生子さま (ELC第37回生)  みんなの保健室 陽だまりは、草加市内をエリアに4箇所で月8回活動している保健室です。つまり拠点を持たずに駅近の喫茶店・薬局のフリースペース・空き家(社協借用)・草加市市民活動センターに出向いて保健室を開催しています。地域住民の方々が、参加しやすい場所、参加できる時間にふらっと訪ねることを狙いとしています。  モットーは、大人  ...続きを読む

コラム44:援助者を支える構造を探して

公益財団法人 東京都医学総合研究所 心の健康プロジェクト 主席研究員  中西 三春さま   ◆認知症と共に生きる人のための緩和ケア  私は東京都関連施設の研究員として、東京都の委託を受けて認知症ケアプログラムの開発に従事しているほか、海外研究者との共同体制で認知症と共に生きる人のための緩和ケア(認知症緩和ケア)のあり方を研究しています。  緩和ケアにおいては痛みがないこと、快適さを最大限  ...続きを読む

コラム43:美容を生きる力へ

予防美容サロンmatane 美容師 木野田 秀樹さま (ELC第36回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、認定ELCファシリテーター)  私は札幌で予防美容サロンを開業している美容師です。  変わりゆく、私たちの環境。少しずつお客様の悩みにも変化がみえます。  先進国でアレルギー大国の日本。ここ数年の温暖化や少子高齢化、環境問題。私たちの生活環境は加速度に大きく変化しています。年代問わず、アレル  ...続きを読む

コラム42:ペットが繋ぐ絆:家族、そして地域へ

NPO法人 HALAW(ホッカイドウ・アニマル・ロー)代表理事 行政書士 オフィス プライム・アイ 行政書士/動物法務士/愛護動物取扱管理士 (ELC第44回生) 今井 真由美さま ●ペットも命ある大切な家族  一昨年ある雑誌に「ペットは第5の家族」という記事が掲載されました。 ※親・兄弟姉妹・配偶者・子どもそして第5にペットと呼ばれています。(週刊東洋経済2016.9.10号)  長きに渡り家族  ...続きを読む

コラム41:W杯のゴミ拾いといのちの授業プロジェクト

エンドオブライフ・ケア協会 理事 めぐみ在宅クリニック院長 小澤 竹俊  いのちの授業という言葉は、昔からありました。その多くは命の大切さを伝えるために、1つの命(かけがえのないもの)、つながる命(今まで何世代もつながってきた大切なもの)として紹介されてきました。  あえて従来のいのちの授業を否定する気持ちはありません。とても大切な事です。そして、あなたは、大切なたった1つの命を授かってこの世に生  ...続きを読む

コラム40:カナダのディグニティ・セラピーワークショップに参加して

三菱UFJリサーチ&コンサルティング  国際研究室 主任研究員 武井 泉さま (ELC第42回生)   ◆ELCさんとのセレンディピティ  私は、民間のシンクタンクで官公庁などからの委託調査を受けて調査報告書を作成する研究員として働いています。主に開発途上国への国際協力分野の事業を担当しています。2012年以降は、アジアにおける地域の資源を生かした高齢者支援、元気な高齢者を増やすための活動  ...続きを読む

コラム39:Bearing Witness:国際NGOで学んだ私がいま伝えたいこと

このコラムは、ディグニティ・セラピーの一環として、ご本人が大切にしてきたこと・伝えたいことを口頭で伺い、ご本人の言葉を活かした形で執筆・編集したものを、後日ご自身の目で確認していただいたものです。お名前・写真の掲載を含めてご承諾をいただきました。ご家族へのメッセージという形ではなく、このような形での掲載を希望され、掲載後の2018年5月7日、ご自身が希望された自宅で最期を迎えられました。志田さんの  ...続きを読む

新着通知