コラム Column


column
コラム20:人生最期の数ページに寄り添わせていただく者として何ができるのか


コラム20:「人生最期の数ページに寄り添わせていただく者として何ができるのか」
一般財団法人光ヶ丘愛世会 光ヶ丘スペルマン病院 緩和ケア内科病棟看護師
浅野志保さま(ELC7回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士)

asano-sama①緩和ケア病棟におけるエンドオブライフ・ケアの関わり

 私は、宮城県仙台市にある光ヶ丘スペルマン病院緩和ケア内科病棟で看護師として勤務しております。当病棟は平成10年に宮城県において初めて開設され、キリスト教を礎としたホスピスとしての歴史を有しています。緩和ケア内科では病気を治すための治療は行いませんが、痛みなどの辛い症状については積極的に緩和を行います。同時に心のケアにも重点をおき、病の苦しみと闘う日々から心身ともに解放され、その方らしく生きていただけるように、スタッフ一同がお手伝いさせていただいております。私は、患者さんとご家族が希望された場で共に過ごす中で、その方にしか分からない苦しみの中にも「自然と笑うことができる時間」「ほっとする時間」があることを表情や握り返される手の動きよりひしひしと感じております。

②日頃の課題意識

 当病棟では一般病棟での待機期間を経て転科される方が7~8割を占めており、予後が週単位、日単位、あるいは時間単位で初めて出会う方々も少なくありません。患者さんの身体的症状や精神的症状は次々と変化し、その方らしい生活を営めるようなケアさえ行うことが困難な場合もあります。旅立ちが近い患者さんと言語的コミュニケーションを図ることは難しくなります。ご家族の葛藤や悲嘆は大きく、意思疎通困難な患者さんを前に、人間関係における葛藤や罪悪感に対する和解や赦しを表出されている場合もあります。

私は、何十年と生きて来られた人生の最期の数ページに寄り添わせていただく者として「援助者としての在り方」を常に考えています。私は、ただただ患者さんや家族の傍に人として存在する。そして、私は家族の長年の歴史を踏まえ、旅立ちまでの限られた時間、どのように関わらせていただくことが望ましいのかを考える。患者さんとご家族の表情や言葉を丁寧に紡ぎながら「その方らしさ」「ご家族らしさ」に触れ、辛く悲しい状況にあっても大切な人の死から自身の死を見つめ、これからいかに生きていくか模索していくご家族を支えたい。このようなケアを実現するには、援助者としてどのような認識をもち、存在しているのかをひたすら追い求めていくことが私の課題です。


会員限定コンテンツ
続きを読むには、会員登録が必要です。会員の方はログインしてお読みください。ログイン方法が不明な方はこちらをご参照ください。
新着通知