コラム Column


column
コラム29:あなたの支えになりたくて・・・


コラム29:あなたの支えになりたくて・・・

社会福祉法人 日本医療伝道会 湘南国際村クリニック 
事務長補佐 古川 英孝さま
(ELC第10回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、認定ELCファシリテーター)

 

●今日が人生最後の日だと思って

 人生の最終段階にあって、答えることのできない苦しみを抱えている人に医療・介護の専門職だけではなく、家族や民生委員、ボランティアなど関わる全ての人がみんなで支えることが出来るようにとの想いで設立されたエンドオブライフ・ケア協会。私は一塊の事務員ですので「専門職」ではない方に分類されます。

 よく「事務員なのに?」と問われます。ですが、援助的コミュニケーションの基本は「苦しんでいる人は自分の苦しみをわかってくれる人がいるとうれしい」です。苦しみをわかってくれる人は専門職でなければならないということはありません。それが魅力だと私は思います。そして、答えることのできない苦しみを抱えている人は何も人生の最終段階にある人だけではありません。答えることが出来ない苦しみを抱えて「死」を選んでしまう方もいますし、事故や震災で大切な方を亡くされた方もまた、答えることのできない苦しみを抱えます。決して「死」は病気や寿命の先にあるものではなく、明日突然訪れるものかもしれません。そう、「今日が人生最後の日」になるかもしれません。 

 

●より良い「死」を迎えるために

 家族と「死」や「病気」の話をすることがあります(他に共通の話題がないからですが)。救急車の音に「もし蘇生が必要な場合、後遺障害(全身マヒ、言語障害等)が残る可能性が何パーセントまでだったら、蘇生する?」と聞いたり、医療・介護現場の番組をみて、「介護が必要になったらどうする?」と聞かれたり。ただ聞くのではなく、なぜそう思うのかまできちんと聞いておくと、この人が今何を大切にしたいと思っているかがわかります。もちろん、これは人生のステージ、また置かれている状況により変わりますが、もし「今」何かあった時の一つの指標としては十分足りる素材だと思います。普段の何気ない会話の中ではなかなか聞きづらい事ですが、大切なことだと思います。私は家族と話すのが苦手なので、エンディングノートを作り、渡すだけにしてあります。が、これもまた節目で見直し、書き直す必要があります。社会での立場、家族や周りとの関係・・・、夢の道半ばではまだ死ねないと思うかもしれませんし、近親者が延命して、辛い思いをして亡くなったのを目の当りにしたら、何もせずに穏やかに逝きたいと願うようになるかもしれません。自分も周りも納得して「死」を迎えられたら、死後もまた穏やかでいられるような気がします。


会員限定コンテンツ
続きを読むには、会員登録が必要です。会員の方はログインしてお読みください。ログイン方法が不明な方はこちらをご参照ください。
新着通知