~苦しみから学ぶ文化をつくる~いのちの授業 Lessons-Learned from End-of-Life Experience


NEWS
~苦しみから学ぶ文化をつくる~いのちの授業


いのちの授業の背景

 人はなぜ、頭ではよくないとわかっているのに、大事な何かを傷つけてしまうのでしょうか?苦しくて仕方がないとき、自分や他者などを傷つけてしまうことがあります。どうすれば、苦しくても、傷つけずにこれからを生きて行くことができるのでしょうか?そして、誰かが目の前で苦しんでいるとき、あなたに何ができるでしょうか?

 このような問いで始まる「いのちの授業」は、ただ単に、いのちの大切さを頭で理解するためのものではありません。決して平坦ではないこれからの人生を生きて行く私たち一人ひとりが、解決困難な苦しみを抱えたときに、具体的な行動として何ができるか、それぞれの立場で感じ、考える授業です。

 当エンドオブライフ・ケア協会の活動の原点には、理事・小澤がホスピス病棟長時代に、ホスピスという現場で学んできたことを、これからを生きる子どもたちにも伝えていきたいと、2000年から臨床の傍ら学校のゲストティーチャーとして600回以上お伝えしてきた「ホスピスから学ぶいのちの授業」があります。まもなくお迎えがくるという解決困難な苦しみを抱えながら、なお穏やかに過ごす人たちから学んだこと。それは、「私の苦しみ、誰にもわからない」と絶望を感じていた人が、たった一人でも、自分の苦しみをわかってくれる人がいると感じたときに、自分を認め、穏やかさを取り戻す可能性があるということです。そして、たとえ苦しみを解決できなくても、苦しみから自分の大事な支えに気づくとき、これからを生きていく力になるということです。

 苦しくて自分を認められず、自分や相手を傷つける。これはまもなくお迎えがくる人だけの話ではなく、これからを生きていく子どもたちにも当てはまることではないでしょうか。どうしたら、たとえ苦しくても人を傷つけず、自分や相手を大切にすることができるでしょうか。そのアプローチを、わかりやすく、真似しやすく、自分もやってみたい、できそうだ、と思える形でお伝えしていくことが大切と考えます。

 学校に限らず、地域や業界に関わらず、様々な場面で学べるように、医療や介護に限らず、様々な関係者と一緒に創っていくのが、「~苦しみから学ぶ文化をつくる~いのちの授業プロジェクト」です。自分の困難や苦しみから学ぶ習慣を創ること。そして、誰かかが苦しんでいれば、どのように関わってよいかがわかり、実践できる人が増えていくことをめざします。

 地域の中で、子どもから高齢者まで、このような人が増えていくことで、これからの人口減少時代、様々な苦しみに直面しても、人生の最期まで穏やかに暮らせる、持続可能な社会を実現したいと考えています。それぞれの立場で一緒に実現しませんか。

授業のねらい

 日常の中に、いかに多くの苦しみが含まれているかに気づき、一方で、苦しみがありながらも人は穏やかになれる可能性があることを知る。そのためには、聴いてくれる人の存在が大切であり、自分にもその存在になれる可能性がある。誰かの力になることが自己肯定感を高め、一方で、たとえうまくいかない自分であっても自分は尊い存在である。これらのことを学ぶ機会とする。一度授業を受けて終わりではなく、学んだことを切り口に、日常的な素材から自分・他者・社会の苦しみについて考え、話し合う習慣につながる糸口を身につけることをめざす。

受講後の感想

これまでの「いのちの授業」を通して、学校や地域で伺った受講後の声の一部をご紹介いたします。

  • 私はお話を聞いて、悩んでいる人のために力になりたいと思いました。私のバレーのチームには、最高の仲間がいます。私が落ち込んでいたり、道を外しそうになった時、そっと支えてくれます。私は苦しんでいる人を助けるのは、こういうことだと思います。「何も言わずにそっとそばにいて、ただ一言だけ優しく勇気の出る言葉を言ってあげるのです。そして、その人の声に耳を傾けるのではなく、その人自身の心に自分の心を傾けながら、そばで支えること」ができればいいと思います。これが私の考えです。これから、大きな壁もあると思うけど、みんなと支えあえばいいと思います。(小学6年生)
  • お話を聞いて私はおばあちゃんのことを思い出しました。先生は、「ほんとうの幸せは、他の人を幸せにして、自分も幸せになる」と言っていて、私は自分もそうやっていこうと思いました。私のおばあちゃんは、リウマチといって、あちこち痛くなる病気です。なので、これからは、おばあちゃんに湿布などをはってお手伝いしたいです。あと「人は苦しいとき、だれかを傷つけることがあるが、傷つけないことができる」と言っていて、私は、この世の中のいじめをなくせるんじゃないかと思いました。(小学6年生)
  • 生徒の苦しみを解決するために話を聞いたり苦しみをわかってあげたりすることによって、生徒の支えになる。このことは教員には必要なことでやらなければならない、そして生徒の苦しみをこちらから気づいてあげなければならないのだと思いました。また、今回のお話の中に『誰かの支えになろうとしている人ほど支えを必要としている』という言葉がありましたが、生徒の支えになろうとしている教員ほど支えが必要なのだと感じました。私は、「誰の支えもいらない。」と思ったことがありますが、このように思ってしまう人ほど誰かの支えが必要なのかもしれません。そして、改めて過去を振り返ってみると、自分自身が苦しんでいる時には、家族や友達・先輩方が自分を支えてくれていたと思いました。(高校教員)
  • 「あなたにとって本当に大切なものとはなんですか」と問われている気がしました。生徒にとってもいいものになったと思います。(高校教員)
  • 人は1人では生きていけない、多くの人に支えられているのだと、改めで思い知らされ、今後生徒の支えになるためには何をすべきなのか、希望と現実の開きを埋めるためには何が必要かを考えてながら仕事をしたいと思いました。(高校教員)
  • 子ども相手の仕事ですが大いに共通することがあり、勉強になりました。(行政職員)
  • 人権のことを考えるときは「相手のことを理解する」という考え方をしますが、単に「理解する」のではなく、100%理解はできなくともそうしようとする気持ちが大切なのだと思いました。また、自分と他者との関係、自分の存在理由などいろいろ考えるヒントをいただきました。(行政職員)
  • 人が希望を持って人生を全うすることの大切さ、病気であってもそうでなくても・・・。人が幸せと感じることの本質を強く印象づけられた内容でした。学校でこどもたちにも話されているとのことでとても大切なことと思いました。(行政職員)
  • お話を聞きながら自分自身のことや周囲の人のことを考え、自分の生き方を振り返り、これからの生き方(死に方といもいうのでしょうか?)を考えていました。そして周囲の人たちにもより良く生きてほしいという気持ちが生まれてくることを感じました。(行政職員)
  • 人生に大切な根本のお話しだと感じました。(いつも枝葉のことばかり気にしていて・・・・久し振りに大切なことを考えたと思いました。)(行政職員)
  • 窓口でお客様の話を聴いて(聴くことしかできない)、話を聴いてもらっただけでも安心したと言われることが・・・よくあります。(行政職員)
  • 一つひとつの言葉が伝わってくるとても貴重な時間を頂きました。今後、仕事をしていく上でも、市民の方の理解者になるということは最も優先すべきことのひとつかもしれないと思いました。(行政職員)

本件に関するお問い合わせ

一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会
〒105-0001 東京都港区虎ノ門三丁目17番1号 TOKYU REIT 虎ノ門ビル6階
電話:03-6435-6404(平日10:00~17:00) FAX:03-6735-4579
https://endoflifecare.or.jp/contact/


新着通知