認定資格について About Certificate


「エンドオブライフ・ケア援助士」資格と「エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座」

協会認定「エンドオブライフ・ケア援助士」資格、およびその準備としての「エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座」をご提供いたします。 治療・療養の場を問わず、また職種や専門性に関わらず、多様な専門職と連携しながら、患者・利用者およびその家族が直面する「人生の最終段階:エンドオブライフ」でのケアに貢献したいと考えている医療・介護従事者を対象としています。

「エンドオブライフ・ケア援助士」取得から更新までの流れ

flow

認定を受けるには

  • 「エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座」に参加します(遅刻・早退・途中退室せず、すべてのアクティビティに出席)。
  • 終了日から1年以内に課題レポート(看取りに限らず困難な事例でも可)を作成し、提出していただきます。講座の受講終了日から3年間が認定資格の有効期間となり、継続を希望される方は、更新の手続きを行っていただきます。
  • また、アンケートとして、受講終了後ご自身が「人生の最終段階」に関与した件数等をご回答いただきます。

※認定後、マイページ(このホームページからログインできる個人のページ)から、認定証をダウンロードいただくことができます。また、ホームページ上に認定された方のお名前を掲載いたします(希望しない方を除く)。
※2014~2015年の間に、「エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座」の前身である、JSP(人生の最終段階に対応できる人材育成プロジェクト)を受講した方のうち、当協会の認定を希望される方は、年会費をお支払いただき、同様にレポートをご提出いただきます。

認定エンドオブライフ・ケア援助士一覧

  • 現在までの認定エンドオブライフ・ケア援助士はこちらをご参照ください。

 

継続学習と認定の更新について

  • 一度認定を受けたら終わりではなく、継続的な学習と実践、会員同士の交流を推奨します。
  • 3年ごとに、この間の活動をご報告いただきます。ホームページ上のフォームまたは申請用紙に活動内容を記載してご提出ください。
  1. 実務経験内容と時間
  2. 協会が認める継続学習コースの受講

※ 更新するためには、継続して会員であることが前提となります。
※ 援助士として認定されることは、仕事の獲得が約束されるものではございません。


援助士認定期限が切れてしまった方へ

期間中課題を提出することができなかった方で、期限を過ぎても援助士の認定をご希望される方は、下記を通じて、提出日を本来の課題提出期限から6か月間(180日間)延長することができます。こちらをご参照ください。

 


地域でエンドオブライフ・ケアを学ぶ場を作りたい・教えたい方へ

  • エンドオブライフ・ケア協会のコンテンツ、具体的には「苦しむ人への援助と5つの課題」と「多職種で行う事例検討」を使って、地域でこのテーマを伝えていきませんか。
  • 「ELCファシリテーター」資格を取得した方には、3時間の学習会をそのまま開催できるパッケージ(スライド・マニュアル・動画)をご利用いただけるようにいたします。こちらをご参照ください。

協会認定援助士一覧  


新着通知