• End-of-Life Care Association of Japan

    -だれもが生きてきてよかったと思えるように
    自分の人生に誇りを持てる最期を
    迎えられるように-

    一部のエキスパートしか行えない援助ではなく
    医療・介護に関わる全ての人が
    行える援助を普及するために、
    また、人生の最終段階は
    どういったものであるかについて、
    社会的な認知を向上させるための活動にも、
    エンドオブライフ・ケア協会は
    積極的に取り組んで参ります。

エンドオブライフ・ケア協会について About Us

超高齢少子多死時代において、社会資源が限られていたとしても、住み慣れた地域で人生の最期まで穏やかに暮らせる持続可能な社会をめざし活動しています。「エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座」では、多職種連携での対応から1対1での対応まで、具体的な対人援助の方法を、事例やロールプレイを通じて学習します。

  • 設立の背景・目的

    当協会は、人生の最終段階に対するケア、「エンドオブライフ・ケア」の質の向上を目指して設立されました。

    設立の背景について

  • 人材の育成

    人生の最期まで住み慣れた地域で穏やかに暮らせる援助ができる人材を育成します。

    養成講座について

  • 講演・イベント開催

    これから起こる心身の変化や、もしものときのために備えておきたいこと、いざというときのコミュニケーション、などをテーマに開催いたします。

    講演・イベントを企画する

  • 学習会開催支援

    全国各地で学習会を自前で開催いただけるように、ELCファシリテーター/オーガナイザーの認定とツールをご提供いたします。

    学習会開催支援

エンドオブライフ・ケア協会 設立3周年シンポジウム

2018年4月、当エンドオブライフ・ケア協会は3周年を迎えます。人生の最終段階に関わる人材の育成から始まったこの3年間の活動を振り返ったうえで、超高齢少子多死時代においてこれから私たちにできることについて考えます。

詳細はこちら  

ニュース一覧
News

【メディア掲載情報】『産経ニュース』(株式会社 産業経済新聞社)2018年12月1日2018.12.03

『産経ニュース』(株式会社 産業経済新聞社)2018年12月1日に、理事・小澤竹俊の著書『「死ぬとき幸福な人」に共通する7つのこと』(小澤竹俊著、アスコム・1100円+税) をご紹介いただきました。 【編集者のおすすめ】『「死ぬとき幸福な人」に共通する7つのこと』 https://www.sankei.com/life/news/181201/lif1812010048-n1.html (掲載イメ   ...続きを読む

【メディア掲載情報】『毎日新聞(医療プレミア)』コラム連載第13弾(11月29日付)2018.11.30

『毎日新聞(医療プレミア)』で連載中の理事・小野沢滋のコラム『健康に暮らす 超高齢化時代を生きるヒント』の最新記事が掲載されました。是非、初回よりシリーズでご覧ください。 健康に暮らす 超高齢化時代を生きるヒント 1. 明日は我が身 介護で半生を失った女性の生涯 https://mainichi.jp/premier/health/articles/20170904/med/00m/010/004   ...続きを読む

【メディア掲載情報】『ドクター和のニッポン臨終図巻』(夕刊フジ)2018/11/27付2018.11.29

『ドクター和のニッポン臨終図巻』(夕刊フジ)2018/11/27付に、理事・長尾和宏のコラムを掲載いただきました。 ジャズピアニスト・佐山雅弘さん  「自分は自分が出会った人で出来ている」感謝の遺言 (記事より抜粋)〈このお手紙がお手元に届く時、僕はこの世におりませんが、長きに亘ってのお付き合いにお礼を言いたくて家人に託しました(中略)まことに人生は出会いであります。「君の身体は君の食べたモノで出   ...続きを読む

【お知らせ】年末年始の営業につきまして2018.11.28

今年度の年末年始の営業時間を下記にてご案内させていただきます。   ・年内の営業:   2018年12月25日(火)17:00まで ・年始の営業:   2019年1月4日(金)10:00より   2018年12月25日(火)17:00以降にお送りいただきましたお問い合わせ、ならびに 講座のお申し込み・ご入金につきましては、1月4日(金)10:00以降順次ご回答申し上げます。 &   ...続きを読む

【メディア掲載情報】『日本経済新聞(朝刊)』2018/11/1付2018.11.01

『日本経済新聞(朝刊)』 2018/11/1付記事として、理事・小澤竹俊を取材いただきました。 穏やかなみとり 自宅で  ポスト平成の未来学 第13部 死を考える 自分らしい最期  日本は年間約130万人以上が亡くなる「多死社会」だ。ピークの2039年の予想死者数は約166万人となり「みとりの場」が足りなくなると懸念されている。今は約8割が医療機関で亡くなっているが、自宅で最期を迎えたいと願う人は   ...続きを読む

ニュース一覧  

新着通知