• End-of-Life Care Association of Japan

    -だれもが生きてきてよかったと思えるように
    自分の人生に誇りを持てる最期を
    迎えられるように-

    一部のエキスパートしか行えない援助ではなく
    医療・介護に関わる全ての人が
    行える援助を普及するために、
    また、人生の最終段階は
    どういったものであるかについて、
    社会的な認知を向上させるための活動にも、
    エンドオブライフ・ケア協会は
    積極的に取り組んで参ります。

エンドオブライフ・ケア協会について About Us

超高齢少子多死時代において、社会資源が限られていたとしても、住み慣れた地域で人生の最期まで穏やかに暮らせる持続可能な社会をめざし活動しています。「エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座」では、多職種連携での対応から1対1での対応まで、具体的な対人援助の方法を、事例やロールプレイを通じて学習します。

  • 設立の背景・目的

    当協会は、人生の最終段階に対するケア、「エンドオブライフ・ケア」の質の向上を目指して設立されました。

    設立の背景について

  • 人材の育成

    人生の最期まで住み慣れた地域で穏やかに暮らせる援助ができる人材を育成します。

    養成講座について

  • 講演・イベント開催

    これから起こる心身の変化や、もしものときのために備えておきたいこと、いざというときのコミュニケーション、などをテーマに開催いたします。

    講演・イベントを企画する

  • 学習会開催支援

    全国各地で学習会を自前で開催いただけるように、ELCファシリテーター/オーガナイザーの認定とツールをご提供いたします。

    学習会開催支援

エンドオブライフ・ケア協会 設立3周年シンポジウム

2018年4月、当エンドオブライフ・ケア協会は3周年を迎えます。人生の最終段階に関わる人材の育成から始まったこの3年間の活動を振り返ったうえで、超高齢少子多死時代においてこれから私たちにできることについて考えます。

詳細はこちら  

ニュース一覧
News

【メディア掲載情報】『iRONNA』(株式会社産経デジタル)2018/9/9付2018.09.12

『iRONNA』(株式会社産経デジタル)2018/9/9付に、理事・長尾和宏のコラムを掲載いただきました。 がん闘病を告白しなかったさくらももこは心底すごいと思う (記事より抜粋)私は夕刊フジで「ニッポン臨終図巻」という連載コラムを書いている。最近亡くなられた著名人の闘病や生き方を、医学的な目線も踏まえて毎週解説しているのだが、もし20年前だったらこの連載は成立しなかったと思う。当時は、著名人が病   ...続きを読む

【お知らせ】SVP東京 2018年度 投資・協働先に採択されました2018.09.05

  このたび、当協会は、ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(以下、SVP東京)の今年度投資・協働先4団体の一つとして採択いただきましたのでご報告いたします。 https://www.svptokyo.org/2018/09/05/svpt2018/ SVPは、社会的な課題の解決に取り組む革新的な事業に対して、資金の提供と、パートナーによる経営支援を行っている団体です。投資協働を行うソ   ...続きを読む

【お知らせ】JAMMINさんチャリティキャンペーン THANKSメッセージ2018.09.05

今年1/29~2/4に実施したJAMMINさんとのコラボ企画、エンドオブライフ・ケア協会オリジナルデザイングッズの販売を通じたチャリティキャンペーンについて、THANKSメッセージをご紹介いただきました。 改めまして、JAMMINさんには貴重なコラボの機会をご提案いただき、本当にありがとうございました。そしてご購入くださった皆様、応援してくださった皆様に、心から感謝を申し上げます。 <JAMMIN   ...続きを読む

【メディア掲載情報】FITチャリティ・ラン2017支援先団体インタビュー2018.08.31

第13回「FIT(Financial Industry in Tokyo)チャリティー・ラン2017」支援先団体として、FITホームページに事務局長・千田のインタビュー記事を掲載いただきました。協会の設立から活動の経緯、養成講座や未来に向けた取り組みについて紹介させていただいています。是非ご覧ください。 ●日本語 http://fitforcharity.org/ja/previous-runs/   ...続きを読む

【メディア掲載情報】『高齢者住宅新聞』(株式会社 高齢者住宅新聞社)2018.08.27

『高齢者住宅新聞』(株式会社 高齢者住宅新聞社)に理事・小澤竹俊のコラムを掲載いただきました。3月から8月まで6回連載の最終回です。是非、ご覧ください。 第1回 高齢者施設での看取りを実現するために必要なこと① 第2回 高齢者施設での看取りを実現するために必要なこと② 第3回 高齢者施設での看取りを実現するために必要なこと③ 第4回 高齢者施設での看取りを実現するために必要なこと④ 第5回 高齢者   ...続きを読む

ニュース一覧  

新着通知