多職種連携で行うエンドオブライフ・ケア研修in東京~看取り援助をわかりやすい言葉で学ぶ事例検討~(スタータープログラム)

エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座

人生の最終段階にある人やその家族と、あなたはどのように関わりますか?

日に日に食事が少なくなり、やがて寝ついていく人と、どのように関わってよいかわからない援助者が、自信を持って支援にあたれるようになることを目的として、この講座を企画しました。

講座では、人生の最終段階に共通する自然経過、自宅・介護施設で求められる症状緩和や、意思決定支援の基礎知識を学びます。さらに、援助的コミュニケーションについて、ロールプレイを交えて学んだ上で、エンドオブライフ・ケアの中でも特に難しいとされるスピリチュアルペインに対するケアについて、1対1での対応方法から多職種連携で行う支援方法まで学びます。

これらの結果、解決が困難な苦しみを抱えた人に接しても、“援助を言葉にする”ことで、一人ひとりが自信を持って人生の最終段階にある人と関われるようになることを目指します。
※医療・介護の資格・知識は必要としません。

私たちが考える“援助”とは?

私たちは、“援助”を「本人と家族が穏やかな表情になること」と考えています。講座では、以下のような場面で、本人や家族に対して自分(チーム)に何ができるかを学ぶことができます。


■事例紹介

42歳女性のAさん。末期癌と診断され、担当医から、あと2-3ヶ月と伝えられました。すでに積極的な治療は困難な状況です。Aさんは、自宅で家族と過ごしたいという希望があります。ご主人と、9歳の娘さん、7歳の息子さん達です。

自宅に戻るにあたり、医療、介護のチームに加え、Aさんの中学・高校の友人達が、在宅療養の手伝いをしたいと希望されました。ある日、その仲間が一同に集まり、作戦会議を開くことになりました。

集まった人達は、決して医療や介護を専門とする人達ではありません。そのような不特定多数の善意ある人達を前に、これから何を目標に、Aさんとその家族に関わるとよいのか、わかりやすい言葉で伝えることが課題です。

■援助を言葉にする

いろいろな考え方があるでしょう。ただ、言えることは、どれほど最善を尽くしても、病気は進行し、歩くことができていたAさんの歩ける距離は、やがて短くなるということです。つまり、外出が難しくなり、家の中も自由に歩けなくなり、そして家事ができなくなり、お風呂に1人で入ることもできず、ついにはお手洗いに1人で行くことが難しくなります。

この状況で、何をしたらよいか、“援助を言葉にする”ことができるでしょうか?

限られたいのちと向き合うとき、こだわってきたことは、顔の表情です。つまり、何があると、本人と家族が穏やかな表情になれるのだろうか?という意識を持つことです。

一般的ですが…

  • 痛みがないこと
  • 希望する場所で療養すること
  • そばに、安心できる家族がいて、信頼できる医療・介護の人達がいて、わかりあえる友人がいること
  • 誰かの役に立てること
  • たとえ1つひとつできなくなったとしても、尊厳が守られること
  • こだわってきた何かを、信頼できる誰かにゆだねられること
  • わかってくれる誰かとのつながりを感じることができること
  • 死を越えた将来の夢を持つことができること(天国から見守ることができる…など)
もっとたくさん挙げることができますが、このような意識を持つだけで、何をすると良いのかが見えるだけではなく、言葉にし、チームで共有し、そして具体的に1人ひとりが関わることができるようになります。

■わかってくれる人がいるとうれしい

ただ1つだけ注意点があります。苦しんでいる人は、誰にでも心を開くわけではないということです。どれほど専門の資格を持っていたとしても、一方的な説明をしたり、どれほど親しくても、励ましだけで関わったりする人には、距離を置くことでしょう。

苦しんでいる人は、自分の苦しみをわかってくれる人がいるとうれしい

この対人援助の基本を押さえないと、たとえ温かな気持ちを持っていたとしても、その想いは空回りになることでしょう。

エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座では、チームとしての具体的な関わり方を学ぶだけではなく、1対1のロールプレイを通して、死にたいというマイナスの気持ちに対しても誠実に関わることを学びます(学生も参加を歓迎します)。

concept

概要

日程 2016年10月02日  他の日程を探す
時間 13:00〜17:00
会場 神奈川県 横浜
めぐみ在宅クリニック
講師 小澤 竹俊
学習内容
  • 課題背景(2025年問題に備えて)
  • 人生の最終段階に共通する自然経過
  • 苦しむ人への援助と5つの課題
  • 意思決定支援
  • 自宅・介護施設で求められる症状緩和
  • 多職種連携で「援助」を言葉にする(マクロ)-事例検討
  • 1対1で対応する(ミクロ)-ロールプレイ
備考
  • このお申し込みには、eラーニングは含まれていません。一般枠お申し込みの方は、別途、eラーニングのお申し込みが必要です。リピーター枠やファシリテーター候補者枠をお申し込みの方は、必須ではありませんが、基礎知識の復習を希望する場合は、別途eラーニングのお申し込みが必要です。
    eラーニング受講料:10,000円(税抜)
  • オンライン講座ではテキストとして以下書籍を使用しますので、当日までにご自身で別途ご購入をお願いします(『死を前にした人にあなたは何ができますか?』小澤竹俊著(医学書院、定価2,200円))
  • 受講後に、援助士認定を希望される方は、研修終了から1年以内に、現場での実践を踏まえて課題レポート(看取りに限らず困難な事例でも可)を提出していただきます。詳しくはこちらをご参照ください。
枠名 対象 受講費用(税抜) 残席数
一般枠
(2日間)
非会員 4,000円
※初年度年会費
 3,000円を含む
0席
会員 1,000円
学生枠 非会員 10,000円
※初年度年会費
 3,000円を含む
会員 7,000円
eラーニング・
スクーリング枠
(2日目のみ)
非会員 4,000円
※初年度年会費
 3,000円を含む
会員 1,000円
リピーター枠 会員 1,000円 0席
ファシリテーター
候補者枠
会員 1,000円 0席
サポーター枠 会員 0円

養成講座で学んだ方々が、各現場で実践し、行動を振り返り、さらに学びを深めていくことで、やがては、それぞれの地域において、地域包括ケアシステムの理念である、「住み慣れた地域で最後まで暮らす」、つまり「暮らしの中の看取り」が誠実に行えるように地域づくりの視点での継続学習が求められていると考えます。

このたび、今後このテーマで勉強会を開催することを考えている方向けに、下記の概要で研修を企画いたしました。短時間ではございますが、特に多職種連携での事例検討を深める機会となれば幸いです。

また、今回は、協会主催にてお声掛けをさせていただいておりますが、今後は、それぞれの地域で(都道府県別、市区町村別、エリア別など・・・)このテーマを定期的に学ぶ場ができますようにと願っております。

そのため、今回の集まりでは、今後みなさまが主体となり、各地域で行う継続学習についても、ご意見を伺う機会とさせていただきたく考えております。よりよい地域づくりのためにも学び続けたいとお考えの方々に、ぜひお集まりいただけますと幸甚です。

■内容:
  ・各地域コミュニティでの継続学習について
  ・苦しむ人への援助と5つの課題
  ・多職種連携で援助を言葉にする(マクロの演習:事例検討)
  ・1対1の対応(ミクロのロールプレイ)※一部

■対象:
  ・現在エンドオブライフ・ケア協会会員の方
  ・医療・介護業界での勤務経験がある方
  ・上記の方と同じ所属組織または連携先の方で、今後学んだことを共に実践していきたいと考えている方
  ・学んだことを自分や組織での実践だけにとどめず、今後自らの地域のために広めていきたい方(具体的には、半年以内に複数名で集まって、このテーマで勉強会を開催することを考えている方)

■定員:50名(先着順)

■備考
・【9月6日(火)12:00】に受付開始いたします。
・こちらのフォームから、ログインの上お申し込みとなります。時間になって自動的にページは更新されませんので、ご自身にてページの再読み込みをお願いいたします。
・お申込み者と同じ所属組織または連携先の方のご同伴も歓迎いたします(1つのお申込みで最大4名までお申込みいただけます)。参加者はエンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座やJSP講座を未受講でも参加可能とします。学んだ方が今後所属組織において共通言語として事例検討を行えるようになっていただけたらと願い、今回このような試みをいたします。
・終了後に希望者のみ、簡易な懇親会を予定しております。ご参加費は当日お支払ください。

お申し込み

この日程は、既に開催終了しています。

オンライン講座参加者の声

オンラインで開催した講座にご参加くださった方々のご感想です。

■オンラインでの学習形態について

  • オンライン研修は初めてなので緊張していました。Zoomでもこんなに充実した講座が出来るのですね。
  • 県外に居るため、コロナウイルスのことがなければ、参加できなかったと思うと、貴重な機会をいただけて有り難いことだと思っています。
  • 私は病気があって会場に行って講座を受けることができません。これからもズームを用いて小澤先生の講座を定期的に行なっていただけませんか。
  • オンラインであっても1対1で学んでいる実感ができ、感謝しています。

■ロールプレイについて

  • 多くの方の生の声を聞き、ロールプレイを体験する事は、書籍からの学びよりもこころに響くという当たり前の事ではあるのですが、あらためて感じ入りました。
  • 久しぶりのロールプレイ、しかもオンラインとなると緊張はありましたが、やってみると学びは深く、自分の顔が画面に出るということはある意味客観的に自分を見ることも出来ました。これはオンラインロールプレイならではだと思いました。
  • 対面でのロールプレイよりかえってやりやすい感じもしました
  • 15年以上、コーチングに携わってきてはおりますが、聴き手はやはり何度体験しても学びや気づきがあり、とてもいい時間でした。

■今後の実践に向けて

  • この研修をもっと受けてみたいと感じました。学校現場で使えます。
  • 遠方なので、本来参加する事が出来ない講義に参加出来た事はとても嬉しかった。しかし、1度学ぶ事で、直にお話を書き、実際にお会いして、皆さんとのグループワークを受けてみたいという思いが強くなりました。
  • オンラインでロープレ初体験ですが、独特のタイミングが難しいものの、これだけの大人数でできるんだなと感動しました。本当に素晴らしい運営ありがとうございました。 またぜひ参加したいです。
  • これからも、全ての人が穏やかに安心して過ごせるように、講座のお手伝い、地域でも伝えていけるよう精進したいと思います。

Theory of Change

セオリー・オブ・チェンジ