人生の最終段階とそのケアについて End-of-Life Care Stories


人口動態の予測からわかること

団塊の世代がすべて後期高齢者となる2025年には、超高齢少子化多死時代を迎えます。

現在65歳以上の高齢者人口は、3,392万人、高齢化率は26.7%ですが、2025年には3,657万人に達し、2042年に3,878万人でピークを迎えるまで高齢者人口は増加を続けると推計されています。

一方で、日本の総人口は、長期の人口減少過程に入っており、2060年には8,674万人になると推計されています。

総人口が減少する中で高齢者が増加することにより高齢化率は上昇を続け、2035年には33.4%で3人に1人が高齢者となります。そして2060年には高齢化率39.9%に達して、国民の約2.5人に1人が高齢者となる社会が到来すると推計されています。

下記のグラフは内閣府による平成28年版高齢社会白書より、高齢世代人口の比率です。65歳以上の高齢者人口と15~64歳人口の比率を見てみると、1950年には1人の高齢者に対して12.1人の現役世代(15~64歳)がいたのに対して、2015年には高齢者1人に対して現役世代2.3人となっています。今後、高齢化率は上昇を続け、2060年には、1人の高齢者に対して1.3人の現役世代という比率になるとされています。

graph2_s

また、2015年時点で年間死亡者数は130万人のところ、2025年には150万人を越えることが予想されます。

下記のグラフは、厚生労働省による、死亡場所別、死亡者数の年次推移と将来推計です。1975年から2010年までの実績をベースに、2030年までの期間における死亡場所別死亡者数の将来推計を表しています。グラフ上部は医療機関で死亡した人、グラフ下部のオレンジ色の部分は、自宅で死亡した人を表しています。この推計によると、2010年を起点に2030年までに約40万人死亡者数が増加すると見込まれていますが、看取り先の確保が困難と言われています。
graph1_s

2014年時点で病院死は8割弱を占めますが、この先急性期病院の病床数増加の見込みはなく、むしろ削減されていきます。つまり、病院だけでは支えきれない、増え続ける「人生の最終段階を迎えた人」を、各地域の自宅や介護施設で最期まで支えられる体制の構築が喫緊の課題となっています。一方、自宅や介護施設で最期まで暮らすことを願う国民は増えています。

厚労省が行った在宅医療を支える様々な施策の結果、看取りまで対応する在宅支援診療所・訪問看護ステーション・介護施設は増え、熱意ある専門職も増え、連携する職種間で病歴等の情報連携は進むようになりました。しかしながら、在宅療養環境には地域差があり、患者・利用者・家族の望む結果が必ずしも実現できているとは言えません。

 

これから予想される課題

  1. 今までは主に急性期の病院で看取りに対応できていたが、これからは在宅でも看取りに関わらないといけない。しかし、死にゆく人に対する援助を学ぶ機会が少なく、不安を抱えたまま対応しないといけない
  2. 少しでも看取りに不安があれば救急搬送に依存する
  3. 救急医療への負担が増加し、必要に応じた病院での受け入れが困難になる
  4. 患者や家族が病院から自宅へ戻ることを希望しても、自宅で穏やかに過ごすための受け入れ態勢が十分でない、あるいは十分でないと思っているため戻れない
  5. 24時間対応してくれる医療・介護従事者が地元に少なく、同居家族への負担が増加する
  6. 親や祖父母の介護を担う働き盛りの世代、特に40-50代のビジネスパーソンは職場からの理解との狭間で仕事との両立に難渋する。また、介護離職に伴い、介護生活が長く続くに連れて経済的に困窮する
  7. 子育てをしながら親の介護を担う、特に女性のダブルケアへの負担が増加する
  8. 家族が離れて暮らすため、あるいは、事態が深刻化して関わることになるため、本人が望む最期とは異なる結果となる
  9. 地域でのつながりが希薄化する中で、認知症・独居高齢者が増える
  10. 独居での自宅看取りは資産価値が下がると家主が思うため、65歳以上の高齢者が部屋を借りることが難しくなる
  11. 自分らしさを大切にしたい思いや、家族に迷惑をかけたくない思いから、本人が療養方針や葬送について一人で決めた結果、後に家族との間ですれ違いが生じる
  12. 少ない人材で多くの困難な看取りに対応していくことで、医療・介護従事者の心身の負担が増加する

上記を含め様々な課題が山積しているなかで、エンドオブライフ・ケア協会は、まず地域で人生の最終段階に対応できる人材を育成することから活動を開始しました。課題解決に向けて、それぞれの強みを持った諸団体と連携して活動を続けて参ります。

 

人生の最終段階とそのケアについて

  1. 人生の最終段階に共通する自然経過
  2. 人生の最終段階で大切にしたいのは顔の表情
  3. 苦しんでいる人は、自分の苦しみをわかってくれる人がいるとうれしい
  4. 苦しみに気づく感性を養う
  5. 苦しみは大きく2つに分ける
  6. 解決できない苦しみを前に私たちができること
  7. 人生の最終段階で迫られる選択
  8. 大切にしてきたことを、大切な人に伝えられると、人は穏やかになる
  9. 話ができなくても、心と心の絆が築かれていれば、支えは成立する
  10. 誰かの支えになろうとする人こそ一番、支えを必要としています

関連書籍

当協会理事ほか、上記テーマに関わる書籍はこちらをご参照ください。

 

人生の最終段階に関わる援助者によるコラム

当協会の活動に賛同し、日々誠実に実践する方々から、その取り組みをコラムとして寄稿いただいております。詳しくはこちらのページをご参照ください(全文お読みいただくためには、よろしければ会員のお申込みをお願いいたします)。


Copyrights © 2015 All Rights Reserved by End-of-Life Care Association of Japan
新着通知