【メディア掲載情報】『中国新聞』(2022/1/24)

  • メディア掲載

2022.01.24

2022年1月24日の『中国新聞』に掲載の記事の中で、代表理事・小澤竹俊の著書『もしあと1年で人生が終わるとしたら?』をご紹介いただきました。

「限りある命」考える訳は

書店で、こんなタイトルの本を多く見掛けるようになった。
「もしあと1年で人生が終わるとしたら?」
「あした死んでも後悔しないためのノート」・・・。
教養書や実用書などジャンルは多彩だが、共通して「命には限りがある」という事実を強烈に突き付けてくる。
中には10万部を超えるベストセラーとなった本もある。人々はなぜ、こうした言葉に引き寄せられるのか。
仏教的な視点からも、その理由を考えてみる。

 

Theory of Change

セオリー・オブ・チェンジ