ACP

  • 【イベント】新型コロナ・ショックに備えて最強のチームを作ろう ~Vol.11 生活の中で行うアドバンスケアプランニング(ACP)-意思決定・実現編

      ACP

    • ACP

    2021.02.26

    2021年2月16日(火)、以下のイベントを開催いたしました。 ○新型コロナ・ショックに備えて最強のチームを作ろう ~Vol.11 生活の中で行うアドバンスケアプランニング(ACP)-意思決定・実現編 前回から引き続き、講師として西川満則先生(国立長寿医療研究センター)と大城京

  • 【メディア掲載情報】『琉球新報』(2020/8/28)

      ACP

    • ACP

    2020.09.06

     2020年8月28日の『琉球新報』に、沖縄県の医師で協会認定ELCファシリテーターの長野宏昭さんの取材記事が掲載されました。 アドバンス・ケア・プラニング(ACP)が求められる背景と、医療介護職のみならず住民も一緒に学べる学習会のご案内をされています。  以下、長野さんのブログです。

  • 【対談】日本医療デザインセンター様対談シリーズ⑤ ACPにおけるジレンマ

      ACP

    • ACP

    2020.05.26

    日本医療デザインセンター様にご取材いただきました、小澤との対談シリーズをご紹介いたします。 ① 医師としての幸せ「苦しむ人の力になりたい」 ② 「解決できない苦しみ」を支えることができる仲間を増やしたい。エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座のこと ③ 新型コロナウイルスによる「解決でき

  • 【メディア掲載情報】『毎日新聞東京朝刊』(2019年12月20日)

      ACP

    • ACP

    2019.12.23

    『毎日新聞東京朝刊』(2019年12月20日)にて、理事・小澤竹俊のコメントをご紹介いただきました。 くらしナビ・ライフスタイル もしもの前に「人生会議」 (本文より抜粋)病気や認知症になり、意思決定の力が落ちた時に備え、その後の治療やケア、生き方をどうするか事前に家族や医療・介護者と

  • 【メディア掲載情報】調剤と情報『慢性心不全スタートブック』 2019年7月増刊号 Vol.25 No.10( 株式会社じほう)

      ACP

    • ACP

    2019.08.07

    調剤と情報『慢性心不全スタートブック』 2019年7月増刊号 Vol.25 No.10( 株式会社じほう)<P207~212>に、代表理事・小澤竹俊の記事を掲載いただきました。   アドバンス・ケア・プランニングと意思決定支援       ―人生の大切な選択を支援するために、私たち

  • 【メディア掲載情報】『リクルートドクターズキャリア』(2019年8月号)

      ACP

    • ACP

    2019.07.31

    『リクルートドクターズキャリア』(2019年8月号)にて、理事・小澤竹俊の記事を掲載いただきました。 ACPをどう実践する?患者にどう対応する? これから目指すべき”人生の最終段階における医療・ケア” リビング・ウィルや事前指示書等から一歩踏み込んだアドバンス・ケア・プランニング(AC

  • 【メディア掲載情報】『日本経済新聞』2018年4月12日(木)付

      ACP

    • ACP

    2018.04.12

    『日本経済新聞』2018年4月12日(木)付に、ACP(アドバンス・ケア・プランニング)に関して、理事・小澤 竹俊のコメントを掲載いただきました。 ライフサポート 望む最期 迎えるには 延命治療や緩和ケアの選択 「患者の声に耳を傾け、痛みや苦しみを感じながら、意思を知る作業が必要」

  • 【メディア掲載情報】『クリニックばんぶう』(日本医療企画)2016年12月号(Vol.429)

      ACP

    • ACP

    2016.12.06

      『クリニックばんぶう』(日本医療企画)2016年12月号(Vol.429)に理事・小澤竹俊の記事を掲載いただきました。 特集 納得・満足のいく意思決定支援の“トリセツ” アプローチ方法③「援助的コミュニケーション」 患者の理解者として認められるコミュニケーション力を磨く  

  • 【メディア掲載情報】『月刊「治療」』2016年1月号

      ACP

    • ACP

    2016.01.04

    『月刊「治療」』(南山堂)2016年1月号(Vol.98 No.1)の特集「在宅医療の質を高める」に、理事・長尾 和宏と小澤 竹俊の寄稿が掲載されました。   ◆看取り ・在宅患者の意思決定に向き合う(長尾和宏) ・意思決定支援の質を高める(小澤竹俊) http://w

Theory of Change

セオリー・オブ・チェンジ