Information

  • 『いのちのことば』(いのちのことば社)2024年3月号

    • メディア掲載

    『いのちのことば』(いのちのことば社)2024年3月号に、代表理事・小澤竹俊の記事が掲載されました。 「いのちの現場」から 暗いからこそ、小さな星に気づく  人生が順調なとき、すべてがうまくいっているときには、自分の周囲に大切な何かがあることに、気づける人は多くはありません。あたりまえ…

    続きを読む

  • 【メディア掲載】『プレジデント』2024年2月3日付

    • メディア掲載

    『プレジデント』2024年2月12日付に、代表理事・小澤竹俊の書籍引用記事を掲載いただきました。   出世やカネは「人生の幸せ」をもたらさない… ホスピス医が証言する「死の直前に後悔する人」の共通点   人生の幸せは「自分の弱さを認めた人」にやってくる   後悔のない人…

    続きを読む

  • 【メディア掲載】『ダヴィンチ』2024年2月8日付

    • メディア掲載

    『ダヴィンチ』2024年2月8日付に、代表理事・小澤竹俊の書籍引用記事を掲載いただきました。  以前、ある中学生の女の子から、次のような話を聴いたことがあります。  彼女はかつて、いじめに遭ったことがありました。    クラスメートも教師も助けてくれず、「なぜ自分がこんな…

    続きを読む

  • 【メディア掲載】『ダヴィンチ』2024年2月3日付

    • メディア掲載

    『ダヴィンチ』2024年2月3日付に、代表理事・小澤竹俊の書籍引用記事を掲載いただきました。   自分を否定しないのは難しい…。でも大切なのは、今の自分を「それで良い」と肯定すること/自分を否定しない習慣   自分を否定しないというのは、難しいけれど 自分を否定する気持ちは、見…

    続きを読む

  • 『東洋経済ONLINE』今すぐ断捨離すべき人間関係「3つのパターン」人と関わりながら生きるか、孤独に生きるか(2023年12月27日)

    • メディア掲載

    『東洋経済ONLINE』2023年12月27日付に、代表理事・小澤竹俊の書籍『自分を否定しない習慣』引用記事を掲載いただきました。   今すぐ断捨離すべき人間関係「3つのパターン」 人と関わりながら生きるか、孤独に生きるか もしあなたが、人間関係で悩みを抱えていたり、「誰も自…

    続きを読む

  • 『灯台』(第三文明社)2024年1月号 最終回

    • メディア掲載

    『灯台』(第三文明社)2024年1月号に、代表理事・小澤竹俊の連載が掲載されました。   誰かの支えになる「いのちの授業」 最終回 「いのちの授業」で私が実現したい社会とは    私は今、臨床現場で患者さんと向き合うと同時に、「エンドオブライフ・ケア協会」の代表理事として、…

    続きを読む

  • 『ライフハッカー』その苦しみは「解決できるものか、解決できないものか?」まず考えると悩まない(2023年12月25日)

    • メディア掲載

     2023年12月25日、『ライフハッカー』にて、印南敦史さんの「毎日書評」に代表理事・小澤竹俊の新刊『自分を否定しない習慣』を取り上げていただきました。 ライフハッカー 印南敦史さん「毎日書評」 その苦しみは「解決できるものか、解決できないものか?」まず考えると悩まない …

    続きを読む

  • 『東洋経済ONLINE』名医が教える「余命わずか」で後悔しない4か条  車椅子生活を余儀なくされた人が気づいた幸せ(2023年12月15日)

    • メディア掲載

    『東洋経済ONLINE』2023年12月15日付に、代表理事・小澤竹俊の書籍引用記事を掲載いただきました。   名医が教える「余命わずか」で後悔しない4か条 車椅子生活を余儀なくされた人が気づいた幸せ   自分に責任がないことまで、自分のせいだと思い込み、自分を責め、否定し…

    続きを読む

  • 『タウンニュース』瀬谷区版 下瀬谷中学校 医師がいのちの授業 144人が人生を学ぶ(2023年12月6日)

    • メディア掲載

     『タウンニュース』瀬谷区版 2023年12月14日付に、代表理事・小澤竹俊が登壇した「いのちの授業」について取材いただきました。   下瀬谷中学校 医師がいのちの授業 144人が人生を学ぶ  小澤さんは、医療の仕事を通して学んだことを、子どもたちに伝える活動に取り組ん…

    続きを読む

  • 『タウンニュース』瀬谷区版 自身の医療体験をもとに、「いのちの授業」を子どもたちに実施する 小澤 竹俊さん(2023年12月14日)

    • メディア掲載

     『タウンニュース』瀬谷区版 2023年12月14日付に、代表理事・小澤竹俊について取材いただきました。   自身の医療体験をもとに、「いのちの授業」を子どもたちに実施する 小澤 竹俊さん  講演や医療教育のため全国を飛び回るなか、13年から授業ができる人材育成にも取り組む。15年…

    続きを読む

  • 『灯台』(第三文明社)2023年12月号

    • メディア掲載

    『灯台』(第三文明社)2023年12月号に、代表理事・小澤竹俊の連載が掲載されました。   誰かの支えになる「いのちの授業」 第26回 大切な人の遺骨を探し続ける意味とは?    遺骨を探すということは、亡くなった事実を確認するための大切なプロセスです。仮に見つからなかった…

    続きを読む

  • 『女性セブン』(株式会社小学館)2023年11月23日号

    • メディア掲載

    『女性セブン』(株式会社小学館)2023年11月23日号にて、代表理事 小澤竹俊の取材記事が掲載されました。 看取りの専門家だけが知っている「人が死の間際に後悔すること」 (本文より抜粋)そもそも、人はひとりでは生きていけない。元気なうちから誰もが誰かを頼り、迷惑をかけて生きているは…

    続きを読む

  • 『灯台』(第三文明社)2023年11月号

    • メディア掲載

    『灯台』(第三文明社)2023年11月号に、代表理事・小澤竹俊の連載が掲載されました。   誰かの支えになる「いのちの授業」 第25回 悩み苦しむことは、無駄なことなのか?    コロナ禍で進展したものとして、私は社会の効率化があると思います。例えば遠く離れていても簡単にコ…

    続きを読む

  • 『stand.fm』(2023年10月6日)

    • メディア掲載

     2023年10月6日(金)stand.fmの番組『つながるチャンねる元気予報』に、認定ELCファシリテーターで緩和ケア医・臨床宗教師の原信太郎先生が出演されました。  エンドオブライフ・ケア協会やその活動として、ご自身も資格取得された認定ファシリテーターのことや、地域学習会のこと、また、…

    続きを読む

  • 『致知電子版』特集:幸福の条件 幸福な生き方と死に方’(2023年11月号)

    • メディア掲載

    『致知電子版』2023年11月号に、代表理事・小澤竹俊と帯津良一先生との対談記事を掲載いただきました。(会員限定記事)   特集:幸福の条件 幸福な生き方と死に方   日本におけるホリスティック医学の第一人者であり、87歳の現在も医療現場に立ち続ける帯津三敬病院名誉院長・帯…

    続きを読む

  • 『FMわっぴー』(2023年10月4日)

    • メディア掲載

     2023年10月4日(水)、北海道稚内市のコミュニティラジオ『FMわっぴー』の番組「Swing Beat Jam」に、弊協会執行理事・千田恵子がゲスト出演します。16時からの生放送番組の中で、10分程度お時間をいただき、稚内市における心の健康事業として開催される「折れないこころを育てるいのちの授業…

    続きを読む

  • 朝日放送『おかえり』(2023年9月26日)

    • メディア掲載

     エンドオブライフ・ケア協会最年少アドバイザーの宮崎響さんが、朝日放送『おかえり』にて、15分間のドキュメンタリーとして放映されました。以下で番組をご覧いただけます。 【10万人に1人】難病「ラーセン症候群」と闘う12歳の少女 夢に向かって挑戦する日々に密着【newsおかえり特集】  …

    続きを読む

  • デンタルハイジーン 第43巻10号 2023年10月発行

    • メディア掲載

    デンタルハイジーン 第43巻10号に、代表理事・小澤竹俊の記事が掲載されました。 連載 歯科が人生の最終段階にどうかかわるか~最期まで口の尊厳を守るために 第3回 人生の最終段階の患者さんのこころを知る (掲載イメージ) …

    続きを読む

  • 『灯台』(第三文明社)2023年10月号

    • メディア掲載

    『灯台』(第三文明社)2023年10月号に、代表理事・小澤竹俊の連載が掲載されました。 誰かの支えになる「いのちの授業」 第24回 コロナ禍から私たちは何を学ぶのか。  コロナ禍では、優先順位をつけるなかで、強い人はより強く、弱い人はより弱くなってしまったように思うのです。(中略)だか…

    続きを読む

  • PRESIDENT(プレジデント社) 2023.9.29号

    • メディア掲載

    PRESIDENT(プレジデント社) 2023.9.29号  特集 実践!我慢しない生き方  ホスピス医が明かす「人が死ぬ前に後悔すること」に、代表理事・小澤竹俊の取材記事が掲載されました。 (掲載イメージ)   また、【プレジデント誌連動企画】として 『PRESIDE…

    続きを読む

  • 『朝日新聞デジタル』(2023年9月16日)

    • メディア掲載

     今月から最年少でアドバイザーに就任となった奈良県生駒市立生駒北中学校1年生・宮崎響さんが、2023年9月16日から3日間連続で『朝日新聞デジタル』に掲載されました。    動画を交えながら、響さんのご家庭や学校での日常生活や、直面してきた困難、苦しみを通して学んだことなど、響さんのユー…

    続きを読む

  • 『ミニコミ紙れじおん』2023年9月15日

    • メディア掲載

     2023年8月20日に北海道札幌市厚別区で開催された、「折れない心を育てるいのちの授業」が、地元の『ミニコミ紙れじおん』に掲載されました。  授業は、ELC札幌の認定講師のみなさんが、同地区の厚別西地区センターに提案され、センター主催により開催されました。  以下、記事より。 こ…

    続きを読む

  • 『灯台』(第三文明社)2023年9月号

    • メディア掲載

    『灯台』(第三文明社)2023年9月号に、代表理事・小澤竹俊の連載が掲載されました。 誰かの支えになる「いのちの授業」 第23回 「誰かを支えたい」と思ったら、どう支えればいいか。  「力になりたい」という気持ちが強すぎると、力になれない自分が認められなくて苦しくなります。(中略)解決…

    続きを読む

  • 『スズケン メディカル』(SUZUKEN GROUP)2023年8月号

    • メディア掲載

    『スズケン メディカル』(SUZUKEN GROUP)2023年8月号に、代表理事・小澤竹俊のインタビュー記事が掲載されました。 シリーズ 地域医療 神奈川県 めぐみ在宅クリニック 「弱さを認め、力を尽くす」  「私は看取りの現場等で経験した考え方を『ユニバーサル・ホスピスマインド』と…

    続きを読む

  • 『灯台』(第三文明社)2023年8月号

    • メディア掲載

    『灯台』(第三文明社)2023年8月号に、代表理事・小澤竹俊の連載が掲載されました。 誰かの支えになる「いのちの授業」 第22回 解決困難な苦しみを どう受け止めるか。  Mさんは、小学校2年生の時に手足が動かなくなる病気にかかり、(中略)苦しみのなかで、当たり前とも言える日常の幸せに…

    続きを読む

  • 『タウンニュース』神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙 さがみはら中央区版 (2023年7月6日)

    • メディア掲載

     『タウンニュース』(神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙 さがみはら中央区版) 2023年7月6日に 「折れない心を育てる いのちの授業」認定講師の有賀和子さんの活動が取り上げられました。   薬剤師の有賀さん 「自分を認め大切に思って」 「いのちの授業」市内でも   …

    続きを読む

  • 『ウェブ電通報』(2023年6月30日)

    • メディア掲載

     2023年6月30日、株式会社電通が運営するビジネス情報サイト『ウェブ電通報』に、エンドオブライフ・ケア協会のことを掲載いただきました。  『ウェブ電通報』は、マーケティング・経営・コミュニケーションからアイデア発想法まで、電通グループの先進の知見やサービス、ソリューションなどを紹介するサイ…

    続きを読む

  • 小学生への出前授業が大阪市のJ:COMチャンネルで放送

    • メディア掲載

     令和5年度も、大阪市内小中学校における「折れない心を育てるいのちの授業」出前授業のご依頼が続くなか、6月23日東成区の東小橋小学校5年生6年生を対象にお届けした授業が、大阪市内ケーブルテレビ「J:COMチャンネル」にて紹介いただけることになりました。講師は大阪市の認定講師・津野 采子さんです。 …

    続きを読む

  • 『灯台』(第三文明社)2023年7月号

    • メディア掲載

    『灯台』(第三文明社)2023年7月号に、代表理事・小澤竹俊の連載が掲載されました。 誰かの支えになる「いのちの授業」 第21回 最期まで治療を望む患者さんに、医者は何ができるのか。  医学的に正しいかどうかはもちろん大事です。しかし、そのうえで、どうすれば患者さんが穏やかになれるのか…

    続きを読む

  • 『静岡新聞』(2023年6月8日)

    • メディア掲載

     『静岡新聞』(2023年6月8日)に、5月28日に開催された、第1回コンパッションタウンミーティングin松崎の様子が紹介されました。 以下記事より ミーティングで町の将来像共有  深沢準弥町長、総合計画策定に関わった竹之内裕文静岡大教授、在宅医療に携わるめぐみ在宅クリニッ…

    続きを読む