【メディア掲載情報】『朝日新聞夕刊/朝日新聞アピタル』2022年2月24日付

  • メディア掲載

2022.02.25

 朝日新聞2022年2月24日夕刊に、代表理事・小澤竹俊の取り組みを取材していただきました。

(一語一会)在宅医・小澤竹俊さん ある患者からの言葉
すべての出来事には、時間が必要です

https://www.asahi.com/articles/DA3S15214821.html

朝日新聞アピタルでも掲載いただきました。
https://digital.asahi.com/articles/ASQ2S63DHQ2CUCFI003.html

※リンクは朝日新聞デジタル有料会員記事より。会員登録いただくと、1か月間無料で記事をお読みいただくことができます。

看取りの対話法、多くの人に
 自宅などにいる患者を訪問診療し、看取る「在宅医」だ。ホスピス病棟医時代も含め、28年で約3500人の最期に立ち会ってきた。その経験から編み出した「看取りのコミュニケーション技法」を全国に広める一般社団法人「エンドオブライフ・ケア協会」の代表理事も務める。
 世の中で一番、苦しんでいる人のために働きたいと願い、医師を志した。医学を学べばみんな解決すると思ったら、その限界があることを知った・・・

(記事より)

Theory of Change

セオリー・オブ・チェンジ