【イベント】新型コロナ・ショックに備えて最強のチームを作ろう ~Vol.24 スピリチュアル・ケア③~(2022/3/15)

  • 開催レポート

2022.03.23

2022年3月15日、以下のイベントを開催いたしました。

〇新型コロナ・ショックに備えて最強のチームを作ろう
 ~Vol.24 スピリチュアル・ケア③:スピリチュアル・ペインについて~

今回は、問題解決志向の落とし穴として、
・あなたはなぜ苦しむ人に関わろうとするのでしょう?
・あなたにとって変えたいものの中で変えられないものとは?
・答えのある(変えられる)ものと答えのない(変えられない)ものを区別する賢さとは?
これの問いから出発し、小グループと全体で対話の機会としました。

  * * *
メインセッションでは、小グループでお互いの話を伺ったり、言葉にしてみたりしなかったりするなかで芽生えた気づきや感情、新たな問いを投げかけていただいたりしながら、それぞれの日常に照らし問いを深めていきました。
終了後にいくつかいただきましたお声です。

*****************

・「誰(何)を主語にするか?で見え方が変わる」という言葉がずっと残っています。

・今日もまたあらたななぜだろうという疑問をいただきました。また、考えてみたいと思います。

・初めての方々の中で「今まで胸にしまっていたこと」を話される方があり、それほどにOpen Heartでいられる場なのだと有り難い体験でした。

・初めて参加いたしました。難しいテーマですが、深く考える事が出来ました。研修自体が疲れを感じず、不思議と癒される感じがしました。

・その場で感じることプラスその後も心に残り続けることが必ずあります。イベント終了後も仕事や生活において考え続けています。その中で、「もしかしたら、言っていたことは、こういうことなのかな」と、ふと体感できた時さらに幸せな気持ちになれます。その場での学びに終わらないところが、いつも とても心地よくワクワクします。

・100人いれば100人の考えがあるように、その人の立ち位置や、生活歴、価値観によって考えや思いが違うので他の人の意見は参考になるし、聴いていてホッとするところもある。変えたいものの中で変えられないものとは?の問いに対しても、変えなくてもいいのではないか?という意見が出たりして面白かった。見方をかえれば、その人の強みにもなるなどの意見が「なるほど」と考えさせられた。

*******************

ご参加のみなさま、ありがとうございました。
この場がお互いの、解決が難しい課題と向き合い、お互いをケアする(気にかける)場となればと願っております。

オンラインでの同イベントシリーズは今後も第3火曜日に継続して参ります。
次回4月19日(火)は、16日(土)のシンポジウムと連動して、Well-beingをテーマとします。

〇新型コロナ・ショックに備えて最強のチームを作ろう 
~Vol.25 スピリチュアル・ケア③~Well-being~
 2022年4月19日(火)19:00-21:00
https://endoflifecare.or.jp/programs/show/8879

〇エンドオブライフ・ケア協会 設立7周年シンポジウム
「くもり空の未来でも Well-being:ひと・まち・しゃかいに虹をかけよう」
2022年4月16日(土)13:00-16:30

https://endoflifecareorjp.hp.peraichi.com/

 

Theory of Change

セオリー・オブ・チェンジ