折れない心を育てるいのちの授業 講師トレーニング(2022/4/17)開催レポート

  • 開催レポート

  • いのちの授業

2022.04.18

2022年4月17日(日)オンラインにて、
「折れない心を育てる いのちの授業」講師トレーニングを開催しました。
参加者24名と、ファシリテーターとして認定講師15名が1日ご一緒してくださいました。

今回の最年少は17歳、高校3年生でした。
津野将さんに、今のお気持ちを教えていただきました。

* * *
終わった時は、たった5分のプレゼンで もたついて、難しかったのに、90分の授業なんて自分には無理と思いました。

でも、講師になったら、パワーポイントがあって、発表者ツールがあるから読みやすいと説明してもらって、自信がついたことと、担任の先生がズームで(練習を)聞いてあげると言ってくれたので、(講師をめざして)やってみようと思っています。

受講後は、苦しいなーと思ったときに、希望と現実の開きを意識して、解決できることは解決する、苦しいことは無駄じゃないと習ったことを思い出すようになりました。(受講して)講師になろうと思ったのに、無理そうで苦しかった。でも、解決できること(PPTの発表者ツール)を(相談したら)解決してくれて、難しそうだなと思ったところは先生が支えになってくれました。そういう視点を持つことができるようになりました。
* * *


ご一緒にご参加くださったみなさまからのお声です。
*********
・たった一人だけでもいい、誰かの命の支えになりたいですね。本当にありがとうございました。
・授業の対象や場も幅広く、困ったときは仲間が助けてくれることがわかり、講師になることへのハードルが下がり気が楽になりました。
・楽しかったです。1回目より2回目、3回目とステップアップするのを見て、誰かと一緒に学ぶ事の大切さがわかりました。一人でやるより、一緒の方が学びが大きいです。
・自分がなにをすればいいのか、どうこう行動におこしたらいいのかが、はっきりとわかった気がしました。
・ファシリテーターよりアドバイスを頂き、また全国各地に先輩や仲間がいっぱいいることで頑張ろうと思いました。
・人生の最期の看取りの場から感じた、なぜ、どうして、どうすればいいの、と感じたこの気持ちが、エンドオブライフケアと出会い、考え方や自分の気持ちに変化がうまれました。そして養成講座、いのちの授業で学ばせていただいたことで、自分のモヤモヤが払拭され、少しの自信と、自分が進んでいく道筋をおしえていただいたかきがしてます。これからも楽しく学びつづけていきたいとおもいます。
*********

ご参加のみなさま、ありがとうございました。

今後は場を作るコーディネーターとして、あるいは認定を受けて講師として、学校や地域コミュニティなど様々な場所で様々な方へ、折れない心を育てるいのちの授業をお届けいただけますことを願っております。

講師トレーニングは、今年度も3か月ごとに開催予定です。

2022年7月3日(日)
2022年10月16日(日)
2023年1月22日(日)

みなさまのご参加をお待ちしております。


●折れない心を育てる いのちの授業
 https://endoflifecare.or.jp/pages/okproject

Theory of Change

セオリー・オブ・チェンジ