【イベント】第182回 ”ひとりじゃないよ”副島賢和先生が院内学級の教師として学んだこと(2022/10/18)

  • イベント

  • 開催レポート

2022.10.21

 2022年10月18日、毎月第三火曜日定例のイベントを開催いたしました。

〇ユニバーサル・ホスピスマインドをもとに最強のチームを作ろう
~ 第182回 ”ひとりじゃないよ”副島賢和先生が院内学級の教師として学んだこと ~


 副島賢和(そえじま まさかず)先生は、昭和大学大学院准教授、昭和大学附属病院内学級担当で、弊協会のアドバイザーでもあります。

 今月は、副島先生が病気とともに生きる子どもたちと関わりながら、教育と医療のはざまで大切にしてこられた、”ひとりじゃないよ”というメッセージをもとに、対話しました。

 今回も、小学生から大学生まで、学生の参加が複数名あり、小グループや全体での対話において、まさにこの場が、副島先生のおっしゃるSCH(Safety, Challenge, Hope)を感じられる場となったようです。

 終了後にいくつかいただきましたお声です。

***************************

  • ・副島先生が院内学級の子供さんと向き合う中で自分自身とも向き合い、その体験を聴かせていただいて、私自身の仕事の向き合い方や姿勢を問い直し考える機会になりました。力をいただきました。
  •  
  • ・SCH。安心安全な場所・人間関係が、その人らしく生きるための大前提と改めて思いました。副島先生と小澤先生の人への温かい思いが折り重なって、おいしいミルフィーユをいただくみたいに、充実した時間をいただきました。
  •  
  • ・教育という立場からの副島先生のお話はとても勉強になりました。副島先生のように、子どもに寄り添ってくれる先生と出会えたら、学校生活が楽しくて沢山の夢を持つことができるのではと感じました。
  •  
  • ・副島先生のSCHのお話は、「そうだ、そうだ」と「学校で子どもと関わるときにすればよかった」と思いながら聴きました。SCHを子どもだけじゃなくて、学生さんとと関わるときは、必ず思い出して実践したいと思った。そして、すれ違うとき、ちょっと会ったときに、「何かあったらおいでよ」と声かけも実践したいと思った。
  •  
  • ・進行役の方のお陰で安心して話をすることが出来ました。少人数だからこそ話せる!と思いました。
  •  
  • ・とても温かい空気感につつまれた時間でした。それぞれ、想いがあり、出来ることから実践されている姿に勇気をもらいました。
  •  
  • ・夢を形にする一歩が踏み出せないと言われる方が多く、私も含めて一歩が進まないもの同士再会を夢みました。
  •  
  • ・いつも心温まる、明日の希望につながる企画をありがとうございます。仕事終わりが遅く、帰路運転中の耳だけになりますが参加させていただき感謝しております。
  •  

******************************************

副島先生との対談映像はこちらからご覧ください。
”ひとりじゃないよ” 副島賢和先生が院内学級の教師として学んだこと

ご参加のみなさま、ありがとうございました。
11月も第3火曜日にお待ちしております。

◆ユニバーサル・ホスピスマインドをもとに最強のチームを作ろう:
 2022年11月15日(火)19:00-21:00

  ▶お申込み:
   https://endoflifecare.or.jp/programs/show/8913

◆ユニバーサル・ホスピスマインド チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC8e0kFAcTwqnyxOr-oB_N1A

 チャンネル登録方法は、上記URLまたはQRコードからチャンネルページに移動し、ログイン後、以下画面の赤いボタン「チャンネル登録」を押すだけです。新規コンテンツが追加された際にお知らせを受け取ることができます。

※YouTubeはGoogle/Gmailのアカウントでログインすることができます。お持ちでない方は、「ログイン」→「アカウントを作成する」から新規登録をお願いします。


 

Theory of Change

セオリー・オブ・チェンジ