『毎日新聞』(2022年10月16日)

  • メディア掲載

2022.10.16

 毎日新聞 朝刊総合面(2022/10/16)に、10月5日ワーカーズコープ様とエンドオブライフ・ケア協会の協定調印式についてコラムを掲載いただきました。


「みとりの心」をまちへ
 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 人生の最終段階にいる人を豊かに支えられる人材育成をしてきた「エンドオブライフ・ケア協会(ELC)」が10月5日、「日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団」と協定を結んだ。「みとりの心」と「まちづくり」を結びつける試みである。

 働く人が自ら出資して組織をつくり、過疎や環境、介護などに関わる地域の課題解決を目指す運動を、同事業団は進めてきた。こうした非営利の法人形態を認める労働者協同組合法が10月に施行され、多様な働き手が地域を活性化することが期待されている。組合の関係者が1年前、ELCの小澤竹俊代表理事のインタビュー記事を読んでその考え方に共鳴。協定話が一気に進んだ。
(有料記事)
https://mainichi.jp/articles/20221016/ddm/012/070/058000c

 

▶関連:
プレスリリース
・YouTubeチャンネル 第4回:”ともに働く”を通して一人ひとりが人生の主人公に~協同労働のワーカーズコープから学ぶ~(田中羊子×小澤竹俊)

Theory of Change

セオリー・オブ・チェンジ