コラム Column


column
コラム41:W杯のゴミ拾いといのちの授業プロジェクト


エンドオブライフ・ケア協会 理事
めぐみ在宅クリニック院長
小澤 竹俊

 いのちの授業という言葉は、昔からありました。その多くは命の大切さを伝えるために、1つの命(かけがえのないもの)、つながる命(今まで何世代もつながってきた大切なもの)として紹介されてきました。

 あえて従来のいのちの授業を否定する気持ちはありません。とても大切な事です。そして、あなたは、大切なたった1つの命を授かってこの世に生まれてきた存在なのですよと、伝えることを否定しません。

 その一方で、限界も感じていました。もしつながる命が大切であれば、結婚しない人、結婚しても子どもがいない人は、命のアンカーになってしまいます。しかし、その人達は決して命を粗末にしていると私は思いません。頂いた命を大切にそれぞれが生きようとしています。1つの命は大切です。その裏返しとして、死は怖いもの、死んだらよみがえらないという暗黙のメッセージとして伝えようとする人がいます。もし、その授業を、不治の病の子どもが聞いたらどのように感じるのでしょう。もし、子どもは元気でも、その両親が不治の病であれば、子どもはどのような思いで両親と向き合って行くのでしょう。

 あらためていのちの授業の目的とその意味を問うてみたいと思います。

 一番の目的は自殺予防といじめ対策です。

 なぜ大切ないのちを傷つけるのでしょう?
 なぜ、大切な他の誰かを傷つけるのでしょう?

 いのちの大切さを知らないからではないというのが、私の持論です。では、なぜ傷つけるのでしょう?

 それは、苦しいから…。

 人は頭では大切にしなくてはいけないとわかっていても、あまりにも苦しいと、大切な何かを傷つけてしまうことがあります。古くは聖書に出てくるモーセは、神様から頂いた十戒の石版を壊してしまいます。サッカーW杯の話題でいけば、ジダン選手が頭突きをしたのは、大切な家族の悪口を言われたからでした。

 では、どうしたら良いのでしょう?

 人は果たして苦しくても穏やかに過ごすことなどできるのでしょうか?

 その可能性を紹介するのが、ホスピスから学ぶいのちの授業であり、看取りという究極の苦しみの中にあっても、穏やかに生きようとする人達から学ぶ、いのちの授業です。

 では、実際に学校に行って、どのように伝えたら良いのでしょう?

 ホスピス病棟でお迎えが近い患者さん・家族と関わる中で、肌感覚として学んで来たことは、どうしたら苦しむ人の力になれるのか?でした。ですから、学校に出かけていったとしても、今、目の前で私の話を聞いてくれているこの1人1人の苦しみには、どんな苦しみがあるのであろうか?その苦しみをわかってくれる人がいるのであろうか?そして、苦しみを抱えながらも、前を向いて歩いて行けるだろうか?という問いでした。

 だからこそ、授業で出かけるときに心に言い聞かせていることがあります。この話は他人事ではなく、自分事として考え、感じてほしいということです。

 治療が難しい病気になった一部の人の話ではなく、あたりまえに暮らしているように見えて、いっぱいの苦しみを抱えながら生きようする僕の話として、この話があると思えるように話を展開したいと考えています。そのため、少し哲学的ですが、物事の本質を提示するようにしてきました。


会員限定コンテンツ
続きを読むには、会員登録が必要です。会員の方はログインしてお読みください。ログイン方法が不明な方はこちらをご参照ください。
新着通知