コラム

Column

  • <始動します>

      ディグニティセラピー

    • ディグニティセラピー

    2020.06.20

     2月頃から続いていたコロナ騒動も、さすがに4ヶ月も経つと、新しい日常に変わりつつあります。この数年、毎週末は各地方で人材育成活動をしてきましたが、2月からは自粛しなくてはいけませんでした。  しかし、立ち止まるわけにはいきません。今まで以上に、それぞれの地域で苦しむ人は増えています。この3ヶ

  • <20年前から変わらないこと>

      ディグニティセラピー

    • ディグニティセラピー

    2020.06.17

     今から20年前に書いたコラムを紹介します。前任のホスピス病棟で出会った患者さんから学んだことです。  「医療は治すことが目的でしょう。だから治すことができない患者は、医療の対象ではないと思うのです。あきらめるしかないのでしょうね。」  鍛冶屋の職人として生きてきたその人は、本当の病名を

  • ありがとう

      ディグニティセラピー

    • ディグニティセラピー

    2020.06.05

     今朝、一人の人を見送りました。つい、先日41歳の誕生日を迎えたばかりでした。その人の人生を表す言葉と言えば、[耐]とお母さんは話されていました。  最期まで笑いの絶えない家でした。  誕生日には友人達からの最高のビデオメッセージが流れました。  私はあまり訪問の様子を紹介することはほ

  • <いつでも捜しているよ どっかに君の姿を…>

      ディグニティセラピー

    • ディグニティセラピー

    2020.05.18

     なぜ大切な人を失うと悲しくなるのでしょう?  まもなくお迎えが近くなり、意識も薄れていく中で、私たちは本人と家族にどのように声をかけるとよいでしょうか?  このような問いに、簡潔に答えることができるでしょうか?  私がこだわってきたことは、一部のエキスパートだけが行える援助ではなく、

  • <メイザフォース! マスターヨーダの介護度認定は?>

      ディグニティセラピー

    • ディグニティセラピー

    2020.05.04

     今日は5月4日(May 4th)ということで、今日はスター・ウォーズのネタです。コロナ危機のためGWを自宅で過ごしている皆さまに、妄想のツバサをつけて5月の大空を羽ばたいて頂きたく、昨年の12月に投稿して好評だったマスターヨーダの介護認定について、再び紹介したいと思います。  以下、昨年の投

  • <できない自分をこれでよい(Good Enough)と認めること>

      ディグニティセラピー

    • ディグニティセラピー

    2020.04.23

     4月23日は、私にとって忘れられない日です。2年前の今日4月23日午前3時19分、ご自宅で一人の患者さんの人生最期の診察を行いました。名前は、ペンネームでNanaさんと紹介します。Nanaさんの表情は、とても穏やかでした。それは、もう苦しむことも無く、人の迷惑をかけることもなく、限られた人生であっ

  • <見えないものに気づくために、私たちが気をつけること>

      ディグニティセラピー

    • ディグニティセラピー

    2020.04.22

     どのような境遇にあったとしても、私たちは現場で学び続ける事ができます。学ぶことは、何も学校に行き、教科書を読み、先生の話をノートに書くことだけではありません。社会人になっても、それぞれの現場で何かに気づき、学びを深めていくヒントは溢れています。  私は人を相手に仕事をしてきました。さまざまな

  • コラム55:生涯教育者として

      ディグニティセラピー

    • ディグニティセラピー

    2019.05.11

     このコラムは、ディグニティ・セラピーの一環として、ご本人が大切にしてきたこと・伝えたいことを口頭で伺い、ご本人の言葉を活かした形で記録・編集したものを、後日ご家族とともにご本人に確認していただいたものです。子どもたちをはじめとして、次の世代へ伝えるメッセージとして、ペンネームで掲載することをご承諾

  • コラム40:カナダのディグニティ・セラピーワークショップに参加して

      ディグニティセラピー

    • ディグニティセラピー

    2018.06.13

    三菱UFJリサーチ&コンサルティング  国際研究室 主任研究員 武井 泉さま (ELC第42回生)   ◆ELCさんとのセレンディピティ  私は、民間のシンクタンクで官公庁などからの委託調査を受けて調査報告書を作成する研究員として働いています。主に開発途上国への国際協力分野の事業

  • コラム39:Bearing Witness:国際NGOで学んだ私がいま伝えたいこと

      ディグニティセラピー

    • ディグニティセラピー

    2018.05.02

    このコラムは、ディグニティ・セラピーの一環として、ご本人が大切にしてきたこと・伝えたいことを口頭で伺い、ご本人の言葉を活かした形で執筆・編集したものを、後日ご自身の目で確認していただいたものです。お名前・写真の掲載を含めてご承諾をいただきました。ご家族へのメッセージという形ではなく、このような形での

  • コラム38:ディグニティセラピーと「千」の語り

      ディグニティセラピー

    • ディグニティセラピー

    2018.04.16

    コラム38:ディグニティセラピーと「千」の語り 千葉県がんセンター 緩和医療科部長 坂下美彦さま  (ELC第19回生 ELC東京代表 認定エンドオブライフ・ケア援助士、認定ELCファシリテーター)   エンドオブライフ・ケア協会のディグニティセラピーワークショップに参加し、患者さんにディ

  • コラム35:緩和ケア病棟でのリハビリの介入と葛藤、そして援助的コミュニケーションとディグニティセラピーの経験

      ディグニティセラピー

    • ディグニティセラピー

    2018.01.22

    コラム35 : 緩和ケア病棟でのリハビリの介入と葛藤、そして援助的コミュニケーションとディグニティセラピーの経験 社会医療法人 共愛会 戸畑リハビリテーション病院 リハビリテーション科 主任 理学療法士 久保 貴照さま(ELC第30回生)    当院は、福岡県北九州市の戸畑区

  • コラム13:ディグニティセラピーとエンドオブライフ・ケア

      ディグニティセラピー

    • ディグニティセラピー

    2016.05.06

    コラム13:ディグニティセラピーとエンドオブライフ・ケア エンドオブライフ・ケア協会理事、めぐみ在宅クリニック医師 小澤 竹俊    「エンドオブライフ・ケアとは何をすることですか」と問われたら、皆さんはどのように答えるでしょう。私であれば、「人生の最終段階を迎えた、その人の“尊厳”を

Theory of Change

セオリー・オブ・チェンジ