コラム12:エンドオブライフ・ケアの学びを活かした私の役割

  • 人材育成

  • 地域

  • 関わるすべての職種にできる援助

2016.04.26

コラム12: エンドオブライフ・ケアの学びを活かした私の役割

総合メディカルグループ 株式会社タイコー堂薬局本店 専務取締役
井上 龍介さま(ELC3回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、認定ELCファシリテーター

Inoue-sama 私は大手調剤薬局チェーンのグループ会社で薬局運営に携わっています。また、地域ケアの充実や地域活性化のために、薬局や薬剤師がより活躍できるように多職種や行政、地域住民との関係づくりやコミュニティの創造に努めています。

 日々薬局運営や、コミュニティでの活動をするにあたり、特に心がけていることがあります。それは、「専門職業人として、患者さんの意識のズレに気づかず、一方的なサービスになっていないだろうか。」 あるいは、「自分の知っている範囲内で納めようと、ついつい誘導しがちになっていないだろうか」。こういったことを、時折自分に問いかけるということです。時には、『気づかぬうちにそれを強制しているのではないか』、『これでいいのだろうか』と、振り返り悩むことも必要です。

 そこで私は「3つの知る」を大切にしています。1つ目の「知る」は自分を知ること。どうにもならない問題に直面したとき、「できない自分」を受け入れられたらどうでしょうか。視点が変わると、「できない自分」から様々な可能性が広がります。幅広い知識が、多職種との共通言語になり、スムーズな連携につながります。さらに一歩、前へ進むことができるのです。2つ目の「知る」は相手を知ること。サービスを提供する側の視点のみでは、相手に不快な思いをさせているかもしれません。サービスを受ける側の視点でも考慮し、『相手のニーズに合っているのか』、『相手の思いは真実か』、『こちらの都合で決めていないか』を確認することは決して忘れてはいけません。3つ目の「知る」は地域を知ること。地域特性・資源を生かし、どの様に利用するのか。地域特性・資源を有効活用することは地域活性化と同時に患者さんのニーズにあった生活スタイルや人生をサポートする上で必須条件となります。

 

続きはログインしてお読みください。

Theory of Change

セオリー・オブ・チェンジ