コラム18:エンドオブライフ・ケアから学んだことを生かし、家がいい。と言える在宅看取りモデル地域となる日を夢見て。

  • 地域

  • 介護

  • 穏やかな最期

2016.09.16

コラム18:エンドオブライフ・ケアから学んだことを生かし、家がいい。と言える在宅看取りモデル地域となる日を夢見て。

ハート介護サービス東住吉支店 所長
津野 采子さま(ELC9回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、認定ELCファシリテーター

 

tsuno-samaはじめまして。私は介護職12年目の訪問介護員です。

エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座を受講したきっかけは、どうしても忘れられないケアがあり、振り返り日々あれで良かったのかと悩んで忘れられない思いからです。

2025年には、団塊の世代がすべて後期高齢者となり、また多死社会を迎える中、全国でもホームヘルパーが38万人不足するだろうと言われております。

人は生まれ、そして死んでいく。自然な事のはず。なぜか、生は受け入れられ易いのに死は受け入れられ難い。でも・・・まもなく死にゆく方への関わりでは、大事な何かを感じることができ、つらいだけの気持ちではなく、尊く、ありがたいことなのだ。そして誰かがやらねば、伝えなくては。受講して、このように確信できました。

 ヘルパーの質の向上をと強く願い、地域で自社他社分け隔てなくこのような自分でも相談に乗らせていただくこともあります。まもなく亡くなる方を受け入れるのがつらい、難しいサービスはこなせない、死が怖いと感じる、訪問して息が止まっていたらどうしよう・・・ヘルパーの質の事など、お話は絶えません。ですが、大事なのは技術や慣れじゃない。私がやりがいや充実感を感じさせて頂けるのも、つらい思いも何もかもすべて人生の最終段階にある方々からの学びでした。人として成長させていただける、なんと尊い仕事なのだろう、と思えました。その尊い出会いを通して培った、優しい思いを言葉や態度で伝え、苦しんでいる人からこの人は理解者なんだと思って頂けるようになれたら、と思うのです。

実際に自然に、延命なく、希望する在宅で枯れるように亡くなって行く方々を目の前に他職種が連携し、しっかりした信念のもとにチームワークで穏やかに見送ることができた経験もある一方で、うまくいかず、希望に沿えず、後悔ばかりの時もありました。今もその繰り返しです。

続きはログインしてお読みください。

Theory of Change

セオリー・オブ・チェンジ