<いつでも捜しているよ どっかに君の姿を…>

  • エンドオブライフ・ケア

  • 養成講座

  • 人材育成

  • 関わるすべての職種にできる援助

  • ディグニティセラピー

  • 死別後のつながり

  • グリーフ

2020.05.18

 なぜ大切な人を失うと悲しくなるのでしょう?
 まもなくお迎えが近くなり、意識も薄れていく中で、私たちは本人と家族にどのように声をかけるとよいでしょうか?

 このような問いに、簡潔に答えることができるでしょうか?

 私がこだわってきたことは、一部のエキスパートだけが行える援助ではなく、関わろうとする全ての人が実践できるための援助です。そのために、多くの人にわかる言葉で、まねしやすく、魅力的である援助の方法でありたいと考えてきました。

 大切だからこそ、悲しくなる
 本人と家族とのつながりを大切にする
 本人が首を縦にうなづく言葉を探す
 たとえ目に見えなくても、つながりは消えない

 このたび日本医療デザインセンターの桑畑さんとの対談の映像第4弾が公開されました。このテーマに関心のある皆さんに、何かしらヒントになれば幸いです。
(動画は、YOUTUBEで日本医療デザインセンターから…)
https://youtu.be/2Sz1ZTVi0ks


いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
向かいのホーム 路地裏の窓
こんなとこに いるはずもないのに
(One more time,One more chance:山崎まさよし)

#コロナ4Cチャレンジ
#日本医療DesignCenter
#グリーフケア

エンドオブライフ・ケア協会では、このような学び・気づきの機会となる研修やイベントを開催しております。活動を応援してくださる方は、よろしければこちらから会員登録をお願いいたします。

Theory of Change

セオリー・オブ・チェンジ