コラム

Column

  • コラム22: 地域における訪問看護の役割 「苦しんでいる人は自分の苦しみをわかってくれる人がいるとうれしい」を地域の共通語に

      人材育成

    • 人材育成

    • 支える人の支え

    • 支える人の支え

    • 意思決定支援

    • 意思決定支援

    2016.12.28

    コラム22:「地域における訪問看護の役割 「苦しんでいる人は自分の苦しみをわかってくれる人がいるとうれしい」を地域の共通語に」 公立岩瀬病院訪問看護ステーション 管理者 結城 光さま(ELC7回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、認定ELCファシリテーター)  私は、福島県須賀川市

  • コラム21:ELC~草の根の仲間

      人材育成

    • 人材育成

    • 地域

    • 地域

    • 穏やかな最期

    • 穏やかな最期

    2016.12.19

    コラム21:「ELC~草の根の仲間」 宇部協立病院 医師(在宅医療担当) 立石彰男さま(ELC8回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、認定ELCファシリテーター) 「背景」  わたしは、山口県宇部市にある在宅療養支援病院の勤務医をしています。山口県は、人口145万人、高齢化率28%

  • コラム20:人生最期の数ページに寄り添わせていただく者として何ができるのか

      家族

    • 家族

    • 緩和ケア

    • 緩和ケア

    • 死別後のつながり

    • 死別後のつながり

    2016.11.24

     コラム20:  「人生最期の数ページに寄り添わせていただく者として何ができるのか」  一般財団法人光ヶ丘愛世会 光ヶ丘スペルマン病院   緩和ケア内科病棟看護師  浅野志保さま(ELC7回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士)  ①緩和ケア病棟におけるエンドオブライフ・ケ

  • コラム19:「それぞれの生き方を選択した熊本地震」 ~地域の絆で暮らす一方、地域を離れるという決断~

      地域

    • 地域

    • 家族

    • 家族

    • 関わるすべての職種にできる援助

    • 関わるすべての職種にできる援助

    2016.10.24

    コラム19:「それぞれの生き方を選択した熊本地震」 ~地域の絆で暮らす一方、地域を離れるという決断~ 熊本県熊本市南区在住  グループホーム ヒューマンケア富合 施設長  前川春美さま(ELC4回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、認定ELCファシリテーター)   雄大な阿蘇山を構

  • コラム18:エンドオブライフ・ケアから学んだことを生かし、家がいい。と言える在宅看取りモデル地域となる日を夢見て。

      地域

    • 地域

    • 介護

    • 介護

    • 穏やかな最期

    • 穏やかな最期

    2016.09.16

    コラム18:エンドオブライフ・ケアから学んだことを生かし、家がいい。と言える在宅看取りモデル地域となる日を夢見て。 ハート介護サービス東住吉支店 所長 津野 采子さま(ELC9回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、認定ELCファシリテーター)   はじめまして。私は介護職12年

  • コラム17:目を逸らさずに最期の時まで寄り添い「施設でも」にこだわる特養でありたい

      施設

    • 施設

    • 支える人の支え

    • 支える人の支え

    • 尊厳

    • 尊厳

    2016.08.09

    社会福祉法人 宏恵会 特別養護老人ホームリーフ鶴ヶ谷 介護福祉士 荒井裕江さま(ELC7回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士) 私は仙台市宮城野区にて特別養護老人ホームリーフ鶴ヶ谷で介護福祉士として平成24年より勤務しております。以前はデイサービス勤務であった為初めての施設勤務。教

  • コラム16:いい人生だったと人生を終(しま)うために エンドオブライフ・ケアを地域に広めたい

      エンドオブライフ・ケア

    • エンドオブライフ・ケア

    • 家族

    • 家族

    • 原点

    • 原点

    2016.07.25

    医療法人橘会 訪問看護ステーションたちばな 所長 丹後ゆかりさま(ELC3回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、認定ELCファシリテーター) 私は大阪市東住吉区で今年設立20年を迎えた訪問看護ステーションに勤務しています。 1990年頃病院での看取りの際に言われる「全力を尽くしました

  • コラム15:エンドオブライフ・ケアの学びを大学から地域へ

      人材育成

    • 人材育成

    • 地域

    • 地域

    • 医療と介護の連携

    • 医療と介護の連携

    2016.06.27

    コラム15:エンドオブライフ・ケアの学びを大学から地域へ 東京純心大学 看護学部 看護学科 准教授 戸塚智美さま(ELC8回生)  エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座第8回生の戸塚智美と申します。私は、東京純心大学看護学部で地域・在宅看護学を担当しております。本学は東京都でも自然

  • コラム14:看取りを地域ケア会議で語る

      地域

    • 地域

    • 支える人の支え

    • 支える人の支え

    • 関わるすべての職種にできる援助

    • 関わるすべての職種にできる援助

    2016.05.30

    コラム14: 看取りを地域ケア会議で語る 横浜市片倉三枚地域ケアプラザ 地域包括支援センター 主任介護支援専門員 小薮 基司さま(JSP3期生)  私は横浜市にある地域包括支援センターで主任介護支援専門員をしています。基礎資格は社会福祉士でもあり、大きな枠組だと自分のことをソーシャルワ

  • コラム13:ディグニティセラピーとエンドオブライフ・ケア

      エンドオブライフ・ケア

    • エンドオブライフ・ケア

    • 尊厳

    • 尊厳

    • ディグニティセラピー

    • ディグニティセラピー

    2016.05.06

    コラム13:ディグニティセラピーとエンドオブライフ・ケア エンドオブライフ・ケア協会理事、めぐみ在宅クリニック医師 小澤 竹俊    「エンドオブライフ・ケアとは何をすることですか」と問われたら、皆さんはどのように答えるでしょう。私であれば、「人生の最終段階を迎えた、その人の“尊厳”を

  • コラム12:エンドオブライフ・ケアの学びを活かした私の役割

      人材育成

    • 人材育成

    • 地域

    • 地域

    • 関わるすべての職種にできる援助

    • 関わるすべての職種にできる援助

    2016.04.26

    コラム12: エンドオブライフ・ケアの学びを活かした私の役割 総合メディカルグループ 株式会社タイコー堂薬局本店 専務取締役 井上 龍介さま(ELC3回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、認定ELCファシリテーター)  私は大手調剤薬局チェーンのグループ会社で薬局運営に携わっています

  • コラム11:「私の人生は幸せだった」と振り返ることができるようなエンドオブライフ・ケアを目指して

      施設

    • 施設

    • 医療と介護の連携

    • 医療と介護の連携

    • 穏やかな最期

    • 穏やかな最期

    2016.03.31

    コラム11:「私の人生は幸せだった」と振り返ることができるようなエンドオブライフ・ケアを目指して 社会福祉法人足立邦栄会 施設長、看護師 新井 五輪子さま(ELC1回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士)  2000年4月 特別養護老人ホームさくら(定員60人)、身体障害者療護

  • コラム10:人生がかわる瞬間

      自宅

    • 自宅

    • 家族

    • 家族

    • 原点

    • 原点

    • 関わるすべての職種にできる援助

    • 関わるすべての職種にできる援助

    2016.03.09

    コラム10:人生がかわる瞬間 相仁介護支援サービス 看護師、介護支援専門員 相田 里香さま(ELC2回生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、     認定ELCファシリテーター)   春になると思いだす 私には大切なひとがいる そして苦しい時ほど思い出す言葉がある  

  • コラム9:人生の伴走者として、介護職やケアマネができること

      地域

    • 地域

    • 原点

    • 原点

    • 介護

    • 介護

    2016.02.17

    コラム9:人生の伴走者として、介護職やケアマネができること 社会福祉法人公友会 介護支援専門員 田上 里佳さま(JSP2期生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、認定ELCファシリテーター 福祉の世界に足を踏み入れて10年目になります。福祉系の学校を卒業した訳でもない転職組。介護保険が開

  • コラム8: ~ 思い上がりからの気づき ・・・・・・本人の思いを尊重するとはどういうことか ~ 

      養成講座

    • 養成講座

    • 家族

    • 家族

    • 原点

    • 原点

    2016.01.31

    コラム8: ~ 思い上がりからの気づき ・・・・・・本人の思いを尊重するとはどういうことか ~  社会福祉法人柏原市社会福祉協議会 福祉推進課地域福祉係 課長補佐 神崎トモ子さま(JSP3期生、認定エンドオブライフ・ケア援助士)   相手の思いを汲み取り、尊重するとはどういうこと

  • コラム7:「穏やかに、朗らかに、和やかに、」~“ドゥシ(同志)”とともに~

      支える人の支え

    • 支える人の支え

    • 穏やかな最期

    • 穏やかな最期

    • 離島・僻地

    • 離島・僻地

    2016.01.11

    コラム7:「穏やかに、朗らかに、和やかに、」~“ドゥシ(同志)”とともに~ 医療法人ネリヤ ファミリークリニックネリヤ  院長 徳田 英弘さま(JSP2期生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、  認定ELCファシリテーター)  エンドオブライフ・ケア協会 会員のみなさま、あけましておめ

  • コラム6:私は、もうそこから逃げない!

      養成講座

    • 養成講座

    • 関わるすべての職種にできる援助

    • 関わるすべての職種にできる援助

    2015.12.07

    コラム6:私は、もうそこから逃げない! 医療法人社団鶴友会 鶴田病院 薬剤師 大野 瑞穂さま (JSP第2期生、認定エンドオブライフ・ケア援助士)  私は薬剤師として病院で勤務しています。当院には緩和ケア病棟があり、人生の最終段階に向かう患者さんを担当することがあります。患者さんと関わ

  • コラム5:ケアする人とケアされる人

      自宅

    • 自宅

    • 地域

    • 地域

    • 家族

    • 家族

    2015.11.06

    コラム5:ケアする人とケアされる人福井県 オレンジホームケアクリニック代表、医師 紅谷 浩之さま   2025年に向けて、地域包括ケアシステムの構築が必要と言われています。「医療モデルから生活モデルへ」なんてことも言われます。病院と地域、医療と生活の違いってなんでしょうか。病院で行

  • コラム4:支える私たちが「支え」から学んだこと

      地域

    • 地域

    • 情報共有

    • 情報共有

    • 支える人の支え

    • 支える人の支え

    2015.10.21

    コラム4:支える私たちが「支え」から学んだこと 西国領歯科医院 歯科医師 西国領 俊子さま(JSP第3期生、認定エンドオブライフ・ケア援助士)    私は志布志町という鹿児島県大隅半島にある小さな町で、主人と一緒に開業している、歯科医師です。  え?「歯医者」なの?「歯医者」

  • コラム3:苦しむ人と逃げないで向き合う援助者をめざして~仲間とともに未来を育む~

      人材育成

    • 人材育成

    • 支える人の支え

    • 支える人の支え

    • 原点

    • 原点

    2015.10.07

    コラム3:苦しむ人と逃げないで向き合う援助者をめざして ~仲間とともに未来を育む~ 四条畷看護専門学校 教員 久保田千代美さま (JSP第2期生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、認定ELCファシリテーター)  私は看護学校の教員です。その前の5年間は、訪問看護をしていました。大好きな

  • コラム2: エンドオブライフを意識して、住みたい場所で、自分らしく

      自宅

    • 自宅

    • 地域

    • 地域

    • 家族

    • 家族

    2015.09.15

    コラム2: エンドオブライフを意識して、住みたい場所で、自分らしく 医療法人拓海会大阪北ホームケアクリニック院長 白山宏人さま (JSP第3期生、認定エンドオブライフ・ケア援助士、認定ELCファシリテーター) はじめに  大阪府の北部で在宅医療に従事しております白山と申します

  • コラム1: エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座のめざすこと

      人材育成

    • 人材育成

    • 地域

    • 地域

    • 原点

    • 原点

    2015.07.24

    コラム1: エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座のめざすことエンドオブライフ・ケア協会理事、めぐみ在宅クリニック医師 小澤竹俊  医師になって29年目を迎えます。苦しむ人の力になりたいと願い、医学を学んできました。しかし、どれほど医療技術が進歩しても、すべての疾病を根治することは困難です。

Theory of Change

セオリー・オブ・チェンジ